SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

ミノタウロス

f:id:BUNNY:20180306091643j:plain

無事1000位以内を確保しました。

f:id:BUNNY:20180302182103j:plain

©SEGA

2-0-004 Rミノタウロス

赤 獣 3CP 5000/6000/7000

【狂戦士】
(このユニットは可能ならば、あなたのターン開始時に強制的にアタックする)
【スピードムーブ】
■アタッカー
このユニットがアタックした時、ターン終了時までこのユニットのBPを+2000する。
■狂獣乱破
このユニットが戦闘した時、それがアタック中だった場合、対戦相手のユニットからランダムで1体に5000ダメージを与える。

本日のキーカードはミノタウロス。最新のカードランキングは143位で1ポイント。しばらく現行基準で2ポイント安定カードであったが、ここにきて評価はうなぎのぼり。何と言っても、エラッタでモロクが神獣に変更となり、その後釜として、アタランテの新しいパートナーとなったのが大きい。恐らく来期はトップ100入り間違いないでしょう。3CPのスピードムーブ持ちで、アタック時にBPが+2000するという、かつてのターボデビルと似たようなユニット。素のBPがターボデビルが4000BPだったのに対し、こちらは5000BPで、更に相手がブロックしてきた時に、ランダムで相手ユニット1体に5000ダメージを与えることができるので、完全な上位互換。ただし、狂戦士という、ターン開始時に強制的にアタックしてしまうデメリット能力も持っている。ちなみに元々はスピードムーブは持っておらず、エラッタによって追加された。

ただ、BP7000という高いBPで殴ってくる上に、ブロックすればランダムダメージが飛んで来るので、仮に7000BP以上のユニットでブロックしても、そのユニットにダメージが当たると戦闘に負けるというリスクも出てしまうため、相手としてはブロックしにくく、狂戦士はそれほどデメリットになりにくい。現在ではアタランテの新らしい相棒として活躍しているが、アタランテで特殊召喚されれば、狂戦士というデメリット無しに召喚できてしまうので、スピードムーブを活かせなくなるものの、相性は確かに悪くない。

f:id:BUNNY:20180304183504j:plain

赤緑のアタランテブリギッドデッキ。赤をミノタウロスに限定した緑多めの構成や、緑少な目で黄色が入る構成なども存在するようだが、今回はベルゼブブとブブ襲来を入れた赤緑の形にしてみました。

勝 先攻 8-0 MG 赤単(ミラージュアウローラ・蘭翔鳳集の舞)

勝 後攻 5-0 A3 緑単(グラアースorリジェデリ・マッシヴサージ)

負 先攻 5-0 HI 青黄ドラゴン(フェイク×メイク・エクリプスセイバー)

勝 後攻 5-0 HI 青黄ドラゴン(フェイク×メイク・エクリプスセイバー)

動画は4戦目です。3戦目の動画も昨日あげているので、見たい方は探して見てください。ちなみに、3戦目と4戦目は同じランカーの方が相手です。

相手ははにわスタートですが、一番いらないブブ襲来にヒットしてくれました。こちらはアタランテを出しましたが、これはデストラクションスピアで潰されました。2ターン目は相手が何も出してこなかったので、エリートシーフでハンデス。3ターン目にブリギッドからのヘスティアアポロンを焼いて2点目。サリエルで1点を返されましたが、4ターン目にフェンリルサリエルを倒して3点目。

ここで相手はヘブンズドラゴン。そろそろベルゼブブ来てくれ~って感じだったが引けなかったので、5ターン目はアタランテでヘブドラのBPを下げてOCマキでトリガーを割りつつ殴って4点目。相手は当然ヘブンズドラゴンおかわり。6ターン目。ここでベルゼブブを引けないと厳しい状況でしたが、ブブ襲来をオーバーライドしてどうにか引けました。ベルゼブブからブブ襲来でヘブドラ2体を除去。その後は、軽減でゴッドフィストを出して盤面を固めてもよかったが、前の試合の反省から、ヘブドラ出される前に冥札再臨は打てる時に打っておくべきという結論に至り、ここはブブ襲来を回収しておいた。相手はやはりヘブンズドラゴンおかわりから、ホルスで点を取りに来ましたので正解でしたね。

7ターン目はフェンリルを引けたので、ブブ襲来は温存して、フェンリルとベルゼブブ単体で相手陣を更地に。サリエルで返されて同点にされましたが、ブリギッドでサリエルを除去し、ミノタウロスで1点を勝ち越し。残り2ターンとなって、この辺で勝利が見えてきました。再びヘブンズドラゴン+ホルスで同点とされましたが、9ターン目にベルゼブブをツモ。デッキの残り10枚でまだ2枚残ってたので、引ける確率は高いとは思ってましたが、無事引けました。ということで、ブブ襲来で更地にしてのミノタウロスアゲイン。相手は最低でも2点取らなければならない上に、こちらには再臨からのミノタウロスという奥の手も残っていたので、この時点でほぼ詰みでしたね。

というわけで、このデッキは3勝1敗でした。やっぱり先攻初手に特殊召喚で2体並べられるユニットは出しちゃダメ。かつてのアサルトエンジェルしかり。犬神でもできるけど、あれは2枚カードを捨てるからギリセーフ。