SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

見習い魔導士リーナ

新要素としてトーナメントモードができますね。戦国大戦後期にあったようなヤツ。マンスリートーナメントでPRカードの先行配布もされるので、今度店員さんに頼んでみよう。ラウンドワンならやってる人多いから参加者集まるだろうし。

f:id:BUNNY:20180317112555j:plain

©SEGA

PR-188 PR見習い魔導士リーナ

青 魔導士 1CP 3000/4000/5000

■リバイブ
このユニットがオーバークロックした時、あなたの捨札にあるカードを1枚選ぶ。それを手札に加える。

本日のキーカードは見習い魔導士リーナ。PRはそれの水着バージョンである。最新のカードランキングは131位で、1ポイント時々2ポイントなカード。COJの最初のバージョンからいる最古参のカードだが、未だに一線級である。今は1コストであるが、最初は今は亡き0コストユニットの1つであった。オーバークロック効果を持っており、捨札から1枚選んで回収できるマジックブック効果を内蔵している。

オーバークロックの使い勝手の良さから、オーバークロック系の珍獣デッキでは長年重用され続けている。他のOCユニットを重ねるために使ったり、デッキ終盤でオーバーライドを使ってデッキを一周させるために使ったり、人身御供を回収して使い回したりなどの用途で使われます。バージョン2.3からは青のサーチ珍獣であるマキガイさんが追加され、より重ねやすくなりました。1コストの魔導士ユニットということで、魔導士デッキの導火線としても優秀だ。

昨年の「水着ユニットはじめました」というイベントで、初のイラスト違いのユニットとして追加された。カード番号なども違うが、元のSP見習い魔導士リーナとの併用は基本的にできない。ただし、イベント戦では併用できるルールもあり、その際にはPRとSPどちらでもオーバーライドが可能となり、デッキの回転率も上がります。

f:id:BUNNY:20180317111104j:plain

オークション完全死亡のお知らせということで、最近流行りのオークションギミックの入った青紫デッキです。オークションは大航海時代以外にも、ジャック・オー・ランタンでのコストダウンも可能だが、ダークテイマーで自壊できるので、相手にとってはケアし辛い。元の青紫自体が強いので、別にオークションだけに頼らなくてもいいし、青紫が苦手とするような加護盛り系のデッキにはオークションで戦えばいいので、ホントよくできたヤバいデッキですね。

勝 先攻 4-0 ER 紫単(フェイクorティンクル・蘭翔鳳集の舞)

相手は紫。2ターン目には早くもOCリーナが完成しました。引きが良くて、3ターン目には大航海時代2枚とオークション3枚が手札に来てしまいました。後はトリガー割りされなければという状況でしたが、オベロンで更地にされたものの無事乗り切った。ブロッカーがオベロンとタイニードラコだけだったので、イシスでドラコを強奪し、後はラダマンティスが引ければ勝ちという状況に。オークションでのドロー2枚目で引けて勝負あり。

というわけで、このデッキは1回やれば十分でしょう。