SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

ユニコーン

今回のバージョンアップで、エージェントラボの新機能も追加されました。ラボでの称号の変更はやっと来たかという感じだったが、嬉しいのは、カードの詳細にセリフが追加されたこと。これで、ティアマトが何を喋っていたのかもわかった。

f:id:BUNNY:20180321082958j:plain

©SEGA

2-0-011 VRユニコーン

黄 神獣 3CP 6000/7000/8000

【神託】
(奇跡を発動すると【神託】は取り除かれる)
■奇跡・出会いは必然
あなたのターン開始時、このユニットに【神託】がある場合、あなたのデッキからカードを1枚選んで手札に加える。このユニットの【神託】を取り除く。
■トリガーリターン
このユニットが戦闘した時、対戦相手のトリガーゾーンにあるカードを1枚ランダムで対戦相手の手札に戻す。

本日のキーカードはユニコーン。最新のカードランキングは346位で2ポイント。バージョン2.0から追加された「神託」というキーワード能力を持っている。このユニットの神託は、ターン開始時に発動し、デッキからカードを1枚選んで手札に加えることができる。この効果を発動すると神託は取り除かれるため、1度しか発動することはできない。手札を捨てない魔法石という強力な効果ではあるが、召喚した次のターンまで生き残る必要がある。とはいえ6000BPあるので、最序盤に出せれば発動できる可能性は高いだろうし、神獣なので、黄金蝶と組み合わせれば生き残る可能性はグッと上がるでしょう。

元々は、相手にプレイヤーアタックを受けた時に発動し、魔法石同様に手札を1枚捨てる必要があったが、エラッタで大幅に改善されて使いやすくなりました。もう1つ、戦闘時に相手のトリガーゾーンにあるカードをランダムで1枚手札に戻す効果がある。この効果は、あまり知られていないというステルス性がある。逆に相手としては注意したい。パンプを構えているからとブロックして、頭を抱えることにもなりかねません。

f:id:BUNNY:20180321084844j:plain

選ばれ黄単に新SRのブリュンヒルデとワンダーから参戦のリトルアリスを採用してみた。前評判の高いブリュンヒルデはやはり強かった。新たな虹色ユニットになりそう。

勝 後攻 3-0 ES 赤黄スピム(ブレイブシールド・ミラージュアウローラ)

負 先攻 2-2 MG 海洋(冥札再臨・フォースリベレーション)

動画は初戦です。2戦目の負けは、リトルアリスがブロックでBPが倍になることを覚えていれば勝ててました・・・

ドローで持ってこれたので、後攻初手はユニコーン。相手は信長で殴りに来ましたが、これはどきどきテイスティングで返り討ちにした。相手は赤伏せしてたので、トリガーバウンスできましたが、ぶっちゃけこの時まで、このアビリティのことを完全に忘れてました。2ターン目に、ユニコーンの神託が発動。ホルスをOCさせたかったので、ホルスを探したがどこにもない。どうやらテイスティングで捨札に行ってしまっていた模様。アワアワしていたら時間切れにw。捨札をちゃんと確認してなかった自分が悪い。仕方ないのでアイリーンでホルスをコピーした。

3ターン目はアフラ・マズダが出てきたので、OCホルスでそれを除去しつつ1点を先制。返しにレベル2ホルスからのワンダーケーキで3点取られて逆転されたが、これでブリュンヒルデの第2効果が使えるようになった。相手がエキドナを出してきたので、霹靂で行動権を奪い、早速ブリュンヒルデでコピー&消滅した。信長で2点を追加された5ターン目にブリュンヒルデを引けたので、今度はレベル2信長をコピー&消滅&手札作成。つ、強すぎる・・・。そのまま信長で返すこともできたが、ここはOCリトルアリスの方で。

相手はシヴァからの赤レイアで殴ってきて、スルーしてもよかったが、ライブオンステージが発動できるので、ここはブロック。ライブでCPを補充し、フェイク×メイクでレベル2信長をコピーしてダブル召喚。これで勝負が決まりました。

というわけで、このデッキは1勝1敗でした。ブリュンヒルデは文句なしの強さ。リトルアリスは、COJポケットで強かったアリエルに近い使用感ではあるが、スペックの悪さが足を引っ張りそう。ワンダーでの巨大化のインパクからしても、ブロッカー効果もせめてBP3倍くらいになって欲しい。