SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

パンドラ

昨日紹介したポケットとの連動PRの「神への反逆」ですが、ポケットとは性能が微妙に変わってました。相手ターン開始時ワンドローが、神ユニット限定のデストラクションスピアになってます(手札は捨てないでよいが1ライフダメージはそのまま)。トリガー割りを本線で挿しておいて、厄介な神ユニットが出てきたら破壊てな具合で使えるので、元のワンドローよりは柔軟性があって悪くない修正だと思います。

f:id:BUNNY:20180321120533j:plain

©SEGA

1-4-320 VRパンドラ

緑 魔導士/悪魔 2CP 5000/6000/7000

【秩序の盾】
■災厄の箱
対戦相手ターン開始時、対戦相手の全てのユニットの基本BPを-1000する。
■禁忌の報い
あなたのターン開始時、このユニットの基本BPを-2000する。
■残された希望
このユニットが破壊された時、あなたのCPを+1する。

本日のキーカードはパンドラ。最新のカードランキングは167位で1ポイント。2CP5000BPの標準的なスペックに秩序の盾も付いているため、対赤に関してはかなり強い。相手ターン開始時に、相手ユニット全体の基本BPを-1000する効果を発動するが、自分のターン開始時には、自身の基本BPが-2000ずつ減っていく。そのため、通常は3ターン目で自壊するのだが、破壊時効果でCPが+1されるため、ただで死ぬというわけではないし、このCP+1がバカにできない局面も割とある。なお、エラッタ前は-3000ずつ減っていたので、2ターン目で自壊していた。

大自然の仲間達など何らかの方法で基本BPを上乗せすれば、通常よりも長い間フィールドに居座り続けることは可能。相手からすると、毎ターン全体-1000され続けるので、無視できない存在である。2コストの魔導士で、魔導の書の火力補助にもなるので、魔導士デッキに入れても仕事はできるだろう。新たに種族に悪魔も加わっているが、今のところは、悪魔デッキで活用されているということはない。一応、マモンの火力補助要員に使えないこともなさそうだが。赤緑でマモンは微妙すぎる。

f:id:BUNNY:20180321114023j:plain

アタランテ+シヴァローザの赤緑に入れてみた。新SRのジャンヌダルクと、ワンダーから参戦のシグルドリーヴァのお試し。

勝 後攻 5-0 A9 レベコン(月花熾滅・ヘレスカorインクル)

負 後攻 0-3 A7 ハンデス(グラアースorリジェデリ・フェイク×メイク)

勝 先攻 4-0 A4 紫単(ソウルエクスキューション・グラフィティアース)

動画は3戦目です。

先攻だったので初手はパンドラスタート。先攻初手だとターン終了時の効果が無駄になるものの、元々アタランテ狙いのマリガンでついでに引けたので、これでいいかなと。2ターン目にアタランテで1点先制。3ターン目のシヴァで2点追加。ここで獣4体+シヴァという盤面になって、秩序も付いたのだが、ここで例の紫の新戦力が出てきたらヤバイなと思っていたら、案の定出てきました。シュネーヴィッツェン。こいつはやっぱ強い。紫ゲージ全吐きからのゲージ+1が地味に強い。

返しにフェンリルで食べて、新ジョーカー威気衝天の籠を使ってみるも、妲己であっさりと退場・・・。5ターン目はシグルドリーヴァ。こいつは緑で一番強そう。そこからミノタウロスで殴って1点追加。しかしパクられたフェンリルで破壊される。6ターン目にローザとミノタウロスで2点追加。この辺からは前のめりになってましたが、ルシファーがいたらと考えたら、かなり危なっかしいムーブではある。そして再びシュネで一掃されてしまう。

しかし、7ターン目にフェンリルとローザで盤面をひっくり返し残り1点に。妲己で返されましたが、最後はローザで勝負ありでした。ジャンヌでも勝ててたんですが、ジャンヌの効果を今ひとつ把握してなくて、ちょっと自信がなかったので無難にローザを出しちゃいました。あの状況ならBP9000になってたので、妲己は余裕で倒せてましたが、BPマイナス効果の仕組みを全然理解してませんでした。

というわけで、このデッキは2勝1敗でした。ジャンヌは悪くはないけど、まだ良くわかりません。アテナより強いのは確かですが。シュネーヴィッツェンは普通に強い。連撃不要で秩序を持ったジズですからね。