SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

ホーリーサイクロン

今日は例のアブソリュートゾンビデッキの改良型をやってきました。イベント戦でやるとか言ってましたが、やっぱり全国対戦で決めたい!と思い、今回も怒涛の連敗に頭を抱えながらも、今回はイベント戦に逃げ込むこともなく、無事7戦目で決めることができました。記事は明後日あげる予定ですのお楽しみに。改良前から合わせて11連敗もしながら頑張った涙の結晶です。

f:id:BUNNY:20180401213526j:plain

©SEGA

PR-113 PRホーリーサイクロン

インターセプト 1CP

ホーリーサイクロン
あなたのユニットがアタックした時、対戦相手のコスト4以上の全てのユニットの行動権を消費する。
対戦相手のユニットがアタックした時、対戦相手のコスト3以上の全てのユニットの行動権を消費する。

本日のキーカードはホーリーサイクロン。最新のカードランキングは747位で4ポイント安定カード。自分のアタック時と、相手のアタック時で微妙に効果が異なり、自分がアタックした時に使えば、コスト4以上の全てのユニットの行動権を消費でき、相手のアタック時に使えば、コスト3以下の全てのユニットの行動権を消費できる。

アタック時に使えばコスト限定のジャッジメント。一応、エクスカリバーでコスト3以下を一層してから使えば完璧だが、インドラでは層の厚い3コスト帯のユニットが残ってしまうため、使い勝手が悪い。この用途で使うなら、コスト3以上の行動権を奪えるゴールドクラウンやライトニングドラゴンと比べると、どうしても見劣りしてしまう。

一方、被アタック時に使う場合はコスト3以上に範囲が広がります。これで行動権を奪って、後続のアタックを防ぐことができるだけでなく、返しにライトニングドラゴンで呪縛を付けて無力化したり、ネメシスで一掃するなどしてボードアドバンテージを取ることができます。相手がCPを使い果たしたタイミングで打てれば、返しの大量得点にも繋げることもできるでしょう。基本的にこちらの効果を狙いつつ、チャンスがあればアタック時にも使っていく感じの運用になるだろう。

f:id:BUNNY:20180401215256j:plain

選ばれ黄単です。新カードのリトル・アリスとブリュンヒルデを採用し、DOBをCにするために、カプリコーンやゴ・ルードも入れている。ゴ・ルードは、破壊された時に消滅した捨札から特殊召喚できる能力を持っているが、これを知らない(もしくは忘れている)人がまだ結構いて、奇襲性が高いので割りと使える印象でした。ちょっと前に8ポイントだった時期にかなり使われていたので、そのうち完全に知れ渡るとは思いますが、今は使い時じゃないかと。エクスカリバーホーリーサイクロンとの兼ね合いで一応ピンで入れておきました。

勝 後攻 4-0 ES 赤黄スピム(ミラージュアウローラ・フォースリベレーション)

勝 先攻 5-0 FL 赤緑ブリギッド獣(蘭翔鳳集の舞・冥札再臨)

負 先攻 0-5 ER 青紫オークション(ノア大・フェイク×メイク)

負 後攻 0-8 HP 青獣侍不死(月花熾滅・ルインリード)

負 先攻 0-4 HP 青紫(冥札再臨・グラフィティアース)

負 先攻 0-5 ES OC珍獣(カーニバルドミネイト・トリックフィンガー)

勝 後攻 8-0 MG カーバン育成(マッシヴサージ・時矢大)

動画は最後の試合です。

1T(8-8):相手は初手バトルキッド。機械デッキでしょうか?。こちらは後攻なので、配牌は選ばれし者+アイリーンorゴ・ルードorカプリコーンといったところが一番の狙い所でしたが、ベストのアイリーンとの組み合わせになりました。アイリーンで選ばれし者をコピーしてダブル発動。それぞれホルスを引けました。

2T(8-8):カーバンくんが出てきて面倒くさそう感漂う。このデッキでは行動権を消費するしか対応策がないので、ライトニングドラゴンが重要になりそうだなと。ここはゴ・ルードを出しておく。

3T(8-7):相手はエリートシーフ。機械ではなさそうです。で、最重要カードのライトニングドラゴンを抜かれてしまった。痛い。ここはリトル・アリスでバトルキッドを消しておく。ゴ・ルードで殴って1点先制。

4T(8-6):凶賊のオークで基本BPを上げてきた。そういうデッキか。こちらはアフラ・マズダでオークを潰して、1点追加。取れる時に点を取っておかないとな。

5T(8-3):相手は単体マッシヴサージしてからクロコダイル。なるほどね。こちらは得点チャンスということで、エクリプスセイバーで回収したライトニングドラゴンで3点追加。カーバンくんをスルーしておけばもう1点取れたから、ブロックしない方がよかったですね。

6T(8-0):今回の見所です。相手はアトゥムからの連続ローザで、こちらを一掃しようとしてきましたが、ゴ・ルードのステルス能力で別のゴ・ルードが召喚された上に、ホーリーサイクロンで、もう1体のローザとカーバンくんを寝かせる。ローザはどきどきテイスティングで返り討ちにできた。さすがにこれで相手の心を折れたようです。

というわけで、このデッキは3勝4敗でした。ホーリーサイクロンは、発動できたのが動画の試合だけだし、これが8ポイントじゃないのが理解できません。8ポイントでも入れるかどうか微妙な使用感でした。