SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

不知火玖式

f:id:BUNNY:20180410212219j:plain

ワンダーランドウォーズとのコラボネームプレートゲット!

f:id:BUNNY:20180410165640j:plain

©SEGA

2-0-010 R不知火玖式

黄 侍 3CP 5000/6000/7000

■黄陽剣
このユニットが戦闘した時、戦闘中の相手ユニットを対戦相手の手札に戻す。このユニットの行動権を消費する。

本日のキーカードは不知火玖式。最新のカードランキングは965位で8ポイント定住カード。戦闘した時に、戦闘中の相手ユニットをバウンスすることができるが、自身の行動権が消費されてしまうため、ブレイブシールドなどの行動権を回復する手立てを講じないと限りは、そのターンに1回しか発動することはできません。スタン落ちした伍式に続く2体目の不知火シリーズとなるが、侍ユニットという以外に、特筆するような共通点はありません。むしろ青沖田に近いカードデザインである。

行動権消費というデメリットを考えると、後続のアタックに対して無防備になってしまうブロックよりも、どっちみち行動権が消費されるアタック時に使う方が効率的と言える。行動権を回復させる方法もアタック時の方が多いし、強制防御を使えば、特定のユニットをバウンスさせることも可能だ。ただ、無造作にアタックすると相手が手札に戻したいユニットを選べてしまうということにもなりかねないので、状況をよく考える必要があります。

侍ユニットではあるが、能力的には他の侍ユニットとの連携は必要ないので、どんなデッキにも入れることはできる。ただし、逆に言えばこれといった特徴がないので、この性能では使いようがないというのが現状である。不屈が付いて攻守両面で活躍できるので、やっぱり侍デッキが一番しっくり来そうだが。

f:id:BUNNY:20180410165616j:plain

アタランテ入りの黄単にポイント要員として入れてみた。先日のイベント戦の報酬であるネオ・サンダーボルトも初使用。ちょこちょこ使われてますが、予想通りにお手軽強いです・・・。てか、今気づいたけど、何でライトニングドラゴンがピンで入ってんだよw。確かにやってて、ライトニングドラゴンが全然引けない感覚はあったな。どうやら、ラボで組んでいる時に1枚という表示に気づかずにそのままにしてしまったようだな。組み直すなら、クリスをピン刺しにするか、ジョカ抜いてクリスを2枚に減らすかかな?

負 先攻 3-5 ES 紫単(ティンクル×リンク・冥札再臨)

負 後攻 0-2 MG OC珍獣(ボルカニックディザスター・ライズアンドシャイン)

勝 先攻 8-0 MG 獣不死ブラフマー(冥札再臨・赤羽猛大)

勝 後攻 4-3 HP サンダーボルト黄単(冥札再臨・エビルガンビット

負 後攻 0-4 HP ドラゴン黄単(フェイク×メイク・エクリプスセイバー)

動画は初戦です。5試合やってみたけど、不知火の効果を発動できたのが初戦だけでした。負け試合ですが、不知火さんはかなり活躍しています。

1T(8-8):先攻初手はカプリコーンから。アタランテもキープできていたので、悪くない配牌。相手は破戒僧。正直、紫相手はキツイです。

2T(8-7):3ターン目にシュネが出てくる可能性が高いので、アタランテで展開し、とにかく殴れるだけ殴る。

3T(8-6):アタランテかインドラかで悩んだがインドラで。シュネ打たれるならアタランテを残しておいた方がよいと判断。ライブケアでインドラは下げました。

4T(5-6):迷って最終的にクリスでトリガーゾーンをふっ飛ばして横に並べました。相手がシュネを引けてないっぽいので、引かれないことを祈るのみ。エクリプスセイバーでインドラを回収するのとどちらかで迷いました。クリスとアタランテを出せれば最高に良かったのだが、CPが足りなくて。獣はカプリコーンが残り1枚だったので、秩序は付かず。で、返しにニードルレインからのオベロンで逆転されてしまうと。ギリギリ生き残ったクリスが、テイスティングで何とか耐え忍んでくれて、大惨事には至らなかったが・・・

5T(5-6):ヘブンズドラゴンでリセット。

6T(5-5):ヘブンズドラゴンからのクリスで同点に。妲己されるのが嫌だったが、ライブ打たれるのも嫌だったので、こういう形にしたのだが、返しに闇に巣食いし絶望を食らってしまう。こいつの存在を完全に忘れていた。これはかなり痛恨・・・

7T(5-5):デッキを早く1周させて選ばれし者を打ちたかったので、フェイク×メイクで不知火をコピーしてオーバーライド。相手はゲージ1で絶望してきたのだが、これがヘブドラに命中するという最悪の結果に。もう1体の絶望のアタックは、不知火さんが止めてくれた。

8T(5-5):不知火さんを並べるが、再び絶望される。

9T(5-5):再び不知火さんを並べるが、またまた絶望される。手札2枚に命中したため、青息吐息ながら、同点で最終ターンを迎えることができた。不知火さんの守護神っぷりが半端ない。

10T(3-5):勝つためには、エクリプスセイバーで回収したアイリーンでライフを回復する以外に手段なし。封殺のことを考えたら、クリスから出すべきだったが、焦ってアイリーンから出してしまうミスもあったが、紫伏せが封殺じゃなかったので問題はなかった。しかし、最後はギリギリゲージを溜められてしまい、絶望の効果でBPを削られてのオベロンで逆転されました。

というわけで、このデッキは2勝3敗でした。不知火は、この試合では他に出すものがなくて出して活躍もできたけど、基本軽減です(*^^*)