SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

太陽神ラー

昨日のワンダフルパックは、何とホームズと妲己の2枚のSRが同時に出ました。さすがにこんな体験したことない!妲己はこれで10枚目なんだけどな\(^o^)/

f:id:BUNNY:20180410230220j:plain

©SEGA

2-1-005 SR太陽神ラー

赤 神 1CP 4000/5000/6000

■焦熱の煌星
このユニットがフィールドに出た時、対戦相手のユニットを1体選ぶ。それに[対戦相手のフィールドにいるユニット数×2000]ダメージを与える。

本日のキーカードは太陽神ラー。最新のカードランキングは18位で上位安定。メフィスト以来となるコスト1の進化ユニットだが、コスト1で4000BPとスペックも破格である。効果は、相手フィールドにいるユニット数で火力の変動する単体ダメージを召喚時に与えることができる。1体につき2000ダメージなので、最大で10000ダメージというバアル級のダメージを、デメリット無しで出せてしまう。相手が3体もいれば6000ダメージと十分なダメージ量になります。

相手にウィルスを押し付けることで火力アップできるため、フレイミーやソウルダンサーなどとは相性がいい。ウィルス押しつけからのラーというのは、実戦でもよく見かけます。もう1つ相性が良いのがリリスである。リリスを召喚するとトリガーゾーンに赤ユニットが刺さるので、ラーがノーコストで出せるようになる。リリスからラーでの追い打ちというのも実戦でよく見るパターンです。ただ、リリス弱体化以降は、リリスの火力が心もないため、ラーでの追い打ちは、リリスの火力補助的な意味合いが強くなっています。勿論、シャドウ・アリスなどのオーバーヒートと連携すれば、ただでさえ優秀な火力は更に驚異的なものになるでしょう。

コスト1なので小回りがきくというのが、このユニットの最大の長所である。複数枚使って大型のユニットを焼いたりもできるし、他のダメージカードの火力補助としても最適である。時にはスピードムーブ的な使い方で得点源にもなり得ます。

f:id:BUNNY:20180410232836j:plain

とにかく、焼きまくるという感じの赤単デッキです。エースは勿論シャドウ・アリスですけどね。アスモデウスは全国では初使用です。道化師要素は要らなかったかかな。代わりにヒードラ、レイアあたり入れたほうがバランスもよくなりそう。

勝 先攻 5-0 HP 海洋ゾンビ(ギルティアッシュ・冥札再臨)

勝 先攻 2-0 MG ブリギッドドラゴン(エクリプスセイバー・フェイク×メイク)

勝 先攻 3-0 MG 赤黄スピム(グラフィティアース・エクリプスセイバー)

動画は初戦です。

1T(8-8):先攻初手はバッド・オー・ランタンから。

2T(7-7):リリスで先制。タコを出したのは、ラーが引けたらオイシイなと思ってのことでしたが、引いたのはアスモデウスだった。

3T(7-5):ラーでティターニアを焼いてからのヘスティアで相手を更地にした。ヘスティアで作成された魔導士が、エクソシストというのは非常にオイシイ。

4T(7-2):相手がアポピスからゾンビを湧かせてきたが、シャリス灼熱の必殺コンボで一掃。デスカウンターで全滅はしたが3点追加で相手を追い詰める。

5T(6-2):ハンデスで手札を空にされてしまったが、冥札でアスモデウスを回収して相手のゾンビ軍団を再び一掃する。ただ、ここはヘスティア引いてたから、どう考えてもシャリス回収の方がよかった。

6T(6-2):サリエルで返されたが、再び冥札でアスモデウスを回収し、ゾンビ軍団を吹っ飛ばす。今度はオーディンで破壊された。

7T(5-1):都合よくシヴァを引けたので、これでゾンビを三度一掃できた。更にタコで引けたらオイシイと思っていたリリスを引けたので、オーディンも退治できました。ここもサリエルで返された。

8T(5-0):ジョーカーが使える次のターンが勝負と思っていた。ヘスティアを引けたので、ヘスティアからの灼熱でとりあえずサリエルを除去しておこうと思っていたのだが、ダウジングでジュゼを引けたので勝ちが確定しました。ジュゼは相手にダメージを与えないとスピードムーブが付かないので、灼熱は使わずにジュゼを出してアタック。勝利となりました。

というわけで、このデッキは3戦3勝でした。思いの外アスモデウスが使えた印象。ちょっと評価を改めようかと思ってます。ラーは評価するまでもない。