SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

掘り出し物

ラウンドワンでマンスリートーナメント開けないってマジかよ!💢💢💢

f:id:BUNNY:20180303112524j:plain

©SEGA

2-0-337 R掘り出し物

無 トリガー 0CP

■掘り出し物
あなたのユニットがフィールドに出た時、あなたの捨札にカードが20枚以上ある場合、あなたの捨札にあるカードを1枚選ぶ。それを手札に加える。あなたの捨札を全てデッキに戻す。

本日のキーカードは掘り出し物。最新のカードランキングは362位。元々は8ポイントと4ポイントのルーパーであったが、ここ最近は1~2ポイントで安定している。ちょっと前までは青紫デッキでの採用率が高かった。ただ、最近はあまり見かけなくなりつつあります。ユニットの召喚時に、捨札にカードが20枚以上ある場合に発動し、捨札からカードを1枚選んで手札に加えることができるトリガーカード。このカードを発動すると捨札は全てデッキに戻されるが、元々は捨札を全て消滅するという効果であり、エクリプスセイバーとの親和性が高かった。最近の使用率低下はその辺にも起因していると思われる。

ヘブンズドラゴン追加と同じタイミングで、多くのその手の効果カードと一緒に変更されたので、ヘブンズドラゴン絡みで簡単に捨札を大量消滅できなくしたかったのだろう。エクリプスセイバーの間接的な弱体化という目的もあっただろうが。そのため、ジョーカーをエクリプスセイバーにし、掘り出し物で捨札から1枚選んで回収した後に、エクリプスセイバーでもう1枚選んで回収するというムーブは不可能になったし、捨札消滅でアドバンテージを得られる黄色系統への採用は難しくなった。とはいえ、前者に関しては、冥札再臨を打ってから掘り出し物を打てば、ほぼ同等のムーブになるのだが。逆にデッキリセットという新たな武器を手に入れたので、文明崩壊の代わりに入れるというのも手かもしれない。

f:id:BUNNY:20180421094437j:plain

紫単に入れてみた。蘭翔鳳集の舞で妲己を召喚して自壊させてのオベロンがしやすくなるという意味でも、デッキリセットが効果的なデッキの1つではあるだろうし。なんなら、そのターンの間に、掘り出し物でオベロンを回収しての蘭翔妲己ということもやれなくもない。

勝 後攻 5-0 MG 赤単スピムチェックメイトアクト・ミラージュアウローラ)

負 先攻 0-5 ER 海洋ゾンビ(ルインリード・冥札再臨)

負 先攻 0-8 ER 赤単スピム(冥札再臨・ミラージュアウローラ)

負 先攻 0-6 HP ヌト戦士(ターミネートコマンド・スターライト)

負 後攻 0-5 MG 赤青侍(ミラージュアウローラ・冥札再臨)

負 先攻 0-4 HP 紫単(冥札再臨・フォースリベレーション)

勝 後攻 5-0 ES アタランテ海洋(冥札再臨・エクリプスセイバー)

負 先攻 0-4 ES 青紫オークション(ノア大・エルヴィ中)

勝 先攻 7-0 ES アタランテブリギッド(ディバインシールド・冥札再臨)

負 先攻 0-8 HP 獣ドラゴン(フェイク×メイク・エクリプスセイバー

負 後攻 0-5 HP 赤黄スピム(冥札再臨・ブレイブシールド)

勝 先攻 4-0 HP 神獣(威気衝天の籠・マッシヴサージ)

勝 先攻 8-0 HP 海洋レベコン(フォースリベレーション・月花熾滅)

勝 後攻 6-0 MG ハンデス(月花熾滅・ノア大)

勝 先攻 5-0 MG 赤緑(サイレンスビロウ・飛龍乗雲の拳)

負 後攻 0-4 HP ドラゴン黄単(フェイク×メイク・エクリプスセイバー)

勝 後攻 2-0 MG 紫単(ワンダフルハンド・インペイルメント)

動画は12戦目の対神獣戦となります。注目は、動画の自分の階級。そうなんです、EMPRESSに昇格して速攻で降格しました(T_T)。昇格したのは、このデッキの最初の試合のことで、その後に昨日の青紫のハンデスデッキで3連敗してしまい、さすがにヤバイと思ってこのデッキを握り直したのですが、それでも3連敗してまさかのストレート降格の憂き目に・・・。降格後も調子が上がらずに2連敗で、トータル8連敗を喫してしまったという。最終的には多少は持ち直せましたけど、かなり仕上がってました。

1T(8-8):先攻初手はメイカ狙いでしたが出てこず、最終的にエリンで妥協。エリン以外のユニットが絶望だけという、かなり微妙な配牌になってしまいました。

2T(8-8):クロエとメイカを引けたので助かりました。相手はなっくる&アフロディーテで盤面を固めてきていたので、早くシュネーヴィッツェンを引きたいところ。ジョーカーがマッシヴで、カーバンくんの可能性大だったので尚更。

3T(8-5):シュネーヴィッツェン引けました!。これは大きかったです。相手は黄金蝶を出してきた。神獣デッキのようですね。

4T(7-5):手札とゲージ的にやることがないので、とりあえずランダンでゲージを増やしておく。相手は予想通りにマッシヴカーバンくん。

5T(7-5):シュネーヴィッツェンでカーバンくん以外を落としておく。

6T(6-5):黄金蝶が消えてくれることを願っての絶望がいい感じに命中。黄金蝶と手札3枚が消えてくれた。さらに、絶望の効果で、3000BPの方のカーバンくんも焼けました。

7T(4-2):ここはオベロンが引ければ大チャンスだったのだが、引けず。ここで掘り出し物を使いました。最終的に引けたので、アタックチャンスでもあったので、オベロンで相手のBPを下げての総攻撃。どうせ返しに象さんで行動権奪われるしってことで。マッシヴが溜まる直前で攻撃をやめるべきだったかもしれませんが、象さんのブロック時+1000という効果を知らなかったというのも理由です。オベロンで1点とるか、象さんと相討ちできるという見込みだったのだが、無駄死にしてしまいましたw

※動画のコメント欄で指摘されました。この場面、蘭翔鳳集の舞で妲己特殊召喚して自爆させて、ランタンでゲージ増やせば、ターン終了時のシュネ2体でのゲージ増加と合わせて9000オール入ってたから、カーバンくんまでまとめて焼けてたんですね。ターン終了時のシュネのゲージ増加による追加ダメージまで計算に入れるのは、自分にはちょっとハードル高かったです。

8T(4-2):ここもオベロンが引ければと思っていたら、鬼ヅモ。絶望の効果でBPラインが下がるので、蘭翔鳳集の舞からの妲己オベロンで2点取れるので勝ち確となりました。

というわけで、このデッキは8勝9敗でした。