SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

烈槍・ゲイボルグ

全国のラウンドワンでマンスリートーナメントが開催されるそうです。

店舗交流会 for Round1 Gamers

f:id:BUNNY:20180428100247j:plain

©SEGA

2-0-023 VR烈槍・ゲイボルグ

緑 武身 5CP 7000/8000/9000

■武身転生
対戦相手のターン終了時、あなたのフィールドにユニットが4体以下の場合、あなたのデッキからコスト5以上6以下の【武身】ユニットをランダムで1体【特殊召喚】する。そうした場合、このユニットをデッキに戻す。
■烈槍の旋風
このユニットがフィールドに出た時、またはあなたのターン開始時、このユニットに【固着】を与え、対戦相手の全てのユニットの基本BPを-1000する。

本日のキーカードは烈槍・ゲイボルグ。最新のカードランキングは415位で2ポイント安定カード。コスト5の武身ユニットで、召喚時と自ターン開始時に、このユニットに固着を付与しつつ、相手ユニット全体の基本BPを-1000することができる。赤のブリューナクがコスト5にエラッタされたため、現在はコスト5帯の武身ユニットは4体。他に黄色のロンギヌスと青のストラがいます。ランク付けするなら、ロンギヌスに続く2番手という位置づけかと思います。

2番手とは言っても、結構差のある2番手で、基本武身デッキのコスト5帯はロンギヌスで定着している。しかも、先日のエラッタでBPも6000に底上げされており、ゲイボルグの優位性の1つであったスペックの優秀さでも差を詰められている。固着にしても、現状バウンスしてくる相手というのは滅多にいないので、役に立つ場面というのはそうそうありません。武身デッキ以外での採用となると、単純にヴィシュヌでいいよねとなってしまうし、そのヴィシュヌですら使われていない現状を見るに厳しすぎる性能です。

純粋にこのユニットが強いと感じる場面は、後攻初手に出したクサナギが2ターン目に転生した時くらいか。

f:id:BUNNY:20180505202749j:plain

期間限定ミッションで手に入れた水着エクスカリバーを早速使ってみようということで、久々の武身です。2コスから5コスまでの武身を2枚ずつ2種類採用した形。エラッタで6コス帯がアロンダイトだけになってしまったので、そこから上は1種3枚にしてあります。エラッタで強化されたのはヴァジュラ、ロンギヌス、ブリューナクに、武身トリガーである武具コレクターの4枚。後は、鍛冶神が武身専用インセプに変更となりました。これは下方修正でしょうけど、その代わりに相手ターン終了時の発動に戻りました。ただ、アフロディーテで加護を付けると発動できないんで、最初は入れてましたがやめました。武具コレクターは普通に強い。

勝 先攻 5-0 A8 昆虫(フェイク×メイク・エクリプスセイバー)

勝 後攻 8-0 HP フルーレルシファー(リトルウォンド・エビルガンビット

負 先攻 0-5 MG 赤黄スピム(冥札再臨・ミラージュアウローラ)

勝 先攻 7-0 A3 紫単(エビルガンビット・ソウルエクスキューション)

負 先攻 0-7 HI 海洋ゾンビ(ルインリード・冥札再臨)

勝 先攻 8-0 A8 自殺(フォースリベレーション・ノア大)

勝 後攻 3-0 HP 機械(マッシヴサージ・ノア大)

勝 後攻 4-0 A1 巨人(冥札再臨・蘭翔鳳集の舞)

動画は8戦目です。

1T(8-8):後攻初手は、クサナギかなっくるのどちらかが狙い。確保できたクサナギスタートとなりました。相手は巨人デッキっぽい。

2T(8-8):ここはアフロディーテでもよかったが、ミョルニルで武具コレクターを引きにいく。ただ、捨札の武身がまだ1枚だったので、まだ使えません。

3T(6-6):ここは非常においしかった。相手はライブ発動からのバロールでしたが、3000ダメージ5発中4発が秩序を付けたトリシューラに命中したため1体も落ちず、相手は全身凶器を使ってきましたが、デストラクションスピアで破壊。こちらのターンでは、トリシューラがゲイボルグに、ミョルニルがトリシューラに転生。ここでミスが生じます。考えなしに右端のゲイボルグから殴りにいったのですが、相手のジョーカーゲージを見て、ここはゲージを溜めないほうがいいかもなと思って殴るのやめました。だったらイージスで殴ればよかったんだよね。何も考えずに右端から順に殴るのがクセになっている感がある。

4T(4-5):で、バロール出されて盤面崩壊と。この可能性も考えたら全殴りしてよかった。結局中途半端なプレイングで最悪の結果を招きましたね。あの状況で蘭翔鳳集の舞使われても、別に怖いことは何もなかったですもんね。返しに、ゲイボルグが転生せずに相手のBPラインが下がったため、パニッシュメントブレイクで相手を一掃して仕切り直し。

5T(4-5):リトル・アリスで除去されたが、アンドロメダからティアマト召喚で相手を一掃しておく。

6T(4-2):相手がエンビルとスルトを出してきたので、ここれで4コスユニット引けたらおいしいなと思っていたら、トリシューラを引けました。ということで、ターゲットインサイトで一掃し逆転に成功。

7T(4-0):相手の方が諦めてゲーム終了。なお、肝心のエクスカリバーの出番は全く無し・・・

というわけで、このデッキは6勝2敗でした。武身悪くないね。