SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

ライト・カーテン

レイシーは現在2枚確保できました。クレジット入れないカードブーストでも出るってのを最近知ったので、サブカでCPU戦のMAXブーストして出してます。今のところは、そこそこの確率で出てますよ。

f:id:BUNNY:20180519103739j:plain

©SEGA

2-2-047 VRライト・カーテン

インターセプト 1CP

■選略・ライト・カーテン
あなたの黄属性ユニットがフィールドに出た時、以下の効果から1つを選び発動する。
①:あなたのCPを-1する。そうした場合、あなたの黄属性ユニットを1体選ぶ。行動権を回復する。
②:対戦相手の行動済ユニットを1体選ぶ。それを対戦相手の手札に戻す。

本日のキーカードはライト・カーテン。最新のカードランキングは1157位で8ポイント定住カード。選略効果を持ったインターセプトカードで、発動タイミングは自分のユニットの召喚時。ただし、黄属性のユニットでないと発動しないので、混色で使う場合は注意が必要となる。CPを-1して、自分の黄属性のユニット1体の行動権を回復させる効果と、CPは消費せずに相手の行動済みユニット1体をバウンスする効果があり、この2つのから選んで使用できる。

行動権回復は、全盛期には黄色最強ユニットとまで言われていたアワだっくんのインターセプト版。アワだっくんといえば、カンナとのコンボで悪さをして粛清されたカード。当然カンナとの相性は抜群です。先攻初手カンナから、2ターン目にヴィヴィアンからのライト・カーテンという、往年のアリエだっくんが再現可能です。ただ、今は同じことを1つのユニットでできてしまうオルフェウスがいるので、マリガンの難易度やカードの消費枚数を考えたら、そっちを選ぶよねというのはある。また、ブレイブシールドでの連続アタックがよく使われていたインドラとも相性はいいです。アタック成功でライフを回復できるイズナなどもいいでしょう。

バウンス効果は行動済みに限定されており、CPを追加で払わなくて済む分、効果的には控え目である。行動済みの相手ユニットに対しては呪縛や消滅の方が有効なので、使い所も難しそうです。基本は行動権回復がメインになりそうですね。

f:id:BUNNY:20180519112308j:plain

先日パーフェクトポセイドンを紹介しましたが、パーフェクトテリトリーの使い道としてもう1つ話題になっているのがイザナギです。相手ターン開始時にコスト3以上のユニットの行動権を奪えるため、ポセイドン同様に、パーフェクトテリトリーの守りが弱くなるという弱点を補えます。更に、トリックメイジ、ロキ、エリスと、トリガーカードの回収に長けた黄色なので、パーフェクトテリトリーの回収が容易です。その3種を全て入れるのが定番そうですが、他にもフェイク×メイクやアイリーンで複製したり、冥札再臨での回収もあるので、トリックメイジとエリスがいれば十分だろうと考えて、自分はロキは外しました。トリックメイジならイザナギの土台にもなれるし、エリスは2枚回収なので、ロキの2人分と考えたら1CPしか違わないなら迷わずそっちでしょと。

負 後攻 0-6 ES 紫単(冥札再臨・フォースリベレーション)

勝 後攻 7-0 ER 海洋ゾンビ(冥札再臨・エクリプスセイバー)

負 後攻 0-8 ES アトロポスコントロール(ソウルエクスキューション・ルインリード)

負 先攻 0-5 ER パーフェクトイズナ(セイクリッドシールド・ミラージュアウローラ)

勝 先攻 2-0 HP ブブ襲来(ミラージュアウローラ・ライズアンドシャイン)

動画は5戦目です。初戦の紫単はオベロンで点を取ってくるのがキツくて、3戦目のアトロポスは、進化元を簡単に潰されるので全然イザナギが着地できなかった。

1T(8-8):先攻初手は、オータムロイドかハニエルのどっちか。どっちかというとオータムの方がベターではあるが、今回はハニエルスタート。ハニエルからはイザナギが確定でサーチできます。

2T(7-8):引き次第ではいきなりイザナギもアリだったが、パーフェクトテリトリーを確定サーチできるオータムロイドを軽減で使うのは勿体無いということで自重。ここは失点覚悟でオータムロイドを出してパーフェクトテリトリーを引いておく。

3T(7-8):ここでイザナギを出してのパーフェクトテリトリー。相手はダークマターを打ってきました。

4T(6-7):相手は以後もトリックメイジでのトリガー回収を警戒するような動きをしていましたが、アイリーンやフェイク×メイクでの複製もあるので問題なし。ここはアイリーンで複製しました。意味なく軽減で出したのは、直前にダークマターされたのに、ライト・カーテンを発動する気でした。そもそも、イザナギで殴った後じゃないと発動しないので、二重の意味で間違っていたという😅。相手はブブ襲来してきましたが、クリティカルヒットせず。

5T(5-4):ここはライト・カーテンチャンスということで、冥札で回収。アイリーンで複製しつつ発動しました。相手が前のめりなデッキなので、早めに決着した方がよさそうですしね。相手はライズアンドシャインからのリッパー。

6T(2-3):エリスでパーフェクトテリトリーを2枚回収。ただ、ここも冥札カーテンできたね。失敗した。エクソシストでエリスを除去してのリッパー信長で逆転されますが、残り3点でカーテン→冥札→カーテンの筋があるので、完全に勝ち確でした。

7T(2-0):もう必要もないので、パーフェクトテリトリーをオーバーライドしていったら、トリックメイジがレベル3になったので、冥札を使うまでもなく勝利。仮に煉獄炎とか刺さっていても、手元にはホルスもいましたしね。

というわけで、このデッキは2勝3敗でした。確かにこれまで2回相手してどっちも勝ててたし、ポセイドンに比べると隙きも大きいですね。単体除去も欲しい気がしましたし、リトル・アリスあたり入れたいかな。あるいは赤黄や青黄にしてしまうとか。