SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

威令フルーレティ

昨日はセガワールド小山でマンスリートーナメントに参加してきました。小山勢の方々には楽しい時間を過ごさせていただいて感謝しております。雨が降っていたので車で行ったのですが、自転車で行ってたらヤバかったですね。開催時間が夕方だとは思ってなかったので、1時間以上かけて夜道をチャリで帰ることになるとこでした。正直、あの道のりを夜にチャリで走るのは怖いからね。夜間走行するための装備なんて全然持ってないし。季節的には夜に走っても快適だから、次回までに反射ベストとかバックライトとか色々揃えておこうかな。

f:id:BUNNY:20180608122803j:plain

©SEGA

PR-138 PR威令フルーレティ

緑 英雄 2CP 5000/6000/7000

■プログラムアーミー
このユニット以外のあなたのユニットがフィールドに出るたび、それの基本BPを+2000する。
■チャージ
対戦相手のターン開始時、対戦相手のCPを+1する。

本日のキーカードはすくすく威令フルーレティ。COJ団に入団することでもらえたPRカード。最新のカードランキングは1093位で、8ポイント定住カード。後から出てきたユニットの基本BPを+2000する効果を持っており、当初はブリギッドとの連携なんかも模索されたものの、相手のCPを+1するというデメリットがあまりにも大きいために、ほどなくして使われなくなっていきました。

ブリギッドとの連携にしても、ブリギッドよりも先に出しておかないと、先にブリギッドの効果が発動してしまうため、非常に使いにくかったりする。フルーレティが残ったままターンが返ってくるなら問題はないが、ブリギッドを出すタイミングで先にフルーレティを出すというのは、焼きのタイミングを1つ失うということになるので、相手が大きなユニットばかりを並べている状況でもない限りは、本末転倒と言わざるを得ない。

ちなみに死神のランプは相手のCPブースト効果にのみ反応するので、相手のCP+1に死神のランプを合わせるみたいな芸当はできないのであしからず。できたらもっと使われてます。

f:id:BUNNY:20180608124124j:plain

最近また息を吹き返しつつある連撃ブリギッドに入れてみた。ジャンヌを引ききってしまった場合には、ジャンヌの進化元候補にもなります。ソニックを入れましたけど、出したターンは不滅が付いてるので、ブリギッドとの相性は悪くない。相手が失点を嫌がって高BPのユニットでブロックしてくれば、そのユニットのBPが下がるので焼けるという特典もある。

勝 後攻 3-0 ER メフィストワンショット(アブソリュートアーク・エビルガンビット

負 先攻 0-2 HP 精霊黄単(インサイトストライフ・グラフィティアース)

動画は1戦目です。2試合目の方が試合内容的には面白かったのだが、いかんせん20分超えの試合だったので却下しました。

1T(8-8):マリガンは先攻と勘違いしてハヅキで止めてしまいました。後攻初手はパーシヴァルでよかったね。相手は珍獣っぽい出だしですが、ジョーカーがアレなのでかなり怪しい感じ。こちらはブリギッドが引けたので、片方を焼いておく。

2T(8-7):相手は伏儀。ますます怪しいので、ここはアタックを通すとヤバそうだと感じたのでブロック。相手は鉱脈が空打ちになったので、ブロックしておいて正解でした。ここでソニックを出して伏儀を除去しておく。

3T(4-4):相手はメフィストからOCリーナとOCニケで4点。こちらは他にやることもないので、とりあえずハヅキからの連撃ジズ。

4T(3-1):相手はハーピーでアタックしてのニケアタックでしたが、これは武器破壊で返り討ちに。それ以上は殴ってきませんでした。こちらはジズのアタックでCPを増やしてからのフォースリベレーション。そこからのオーバーライドでブリギッドが引けたので、フルーレティとプラウドドラゴンで相手を一掃して逆転に成功。残り1点に追い詰める。ただ、今思えばこれブリギッドよりもフルーレティを先出ししても問題なかったっですね。

5T(3-0):相手降参で試合終了。

というわけで、このデッキは1戦1勝でした。