SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

コッコとロイド

f:id:BUNNY:20180624090548j:plain

昨日はラウンドワン宇都宮とセガ今市でマンスリートーナメントが開催されました。幸い宇都宮が昼の2時、今市が夜の7時開催ということで、両方参加できました。とりあえずホームの宇都宮の方は準優勝でした。自分が優勝するとフォイルアリジゴックが無駄になるってのもあって(一度もらったカードはもらえません)、決勝まではガチのインセプレベコンで戦いましたが、空気を読んで(譲るつもりはなかったですが)決勝ではせめてトップメタじゃないデッキを使おうということで、既に入手済みのアリジゴック入りの昆虫デッキを使って完敗しました。優勝したDALさん、おめでとうございます。悔しかったので、今市の方では決勝でもガチでやってしまった。反省している。

f:id:BUNNY:20180618135453j:plain

©SEGA

2-1-018 Rコッコとロイド

緑 珍獣 3CP 3000/4000/5000

■サポーター/珍獣
あなたの【珍獣】ユニットのBPを+[あなたのフィールドの【珍獣】×1000]する。

本日のキーカードはコッコとロイド。最新のカードランキングは980位で8ポイント定住カード。自分の珍獣ユニットのBPを、フィールド上の珍獣数に応じて上げる効果を持っている。メカだっくんの珍獣版である。メカだっくん同様に複数並べることでBPは飛躍的にアップするので、メカだっくんでよく使われているエクストリームサモンとのコンボも面白いかもしれない。タコやカパエルが余裕で10000BPを超えます。ただ、このコンボをコッコ珍獣で使っている人をまだ見たことがありません。一応、珍獣が苦手とするマーヤやファンガスガールの対策にはなるが、基本それを主目的として使われることはなく、珍獣のBPを爆上げしての一斉攻撃が主目的となる。

今でこそほとんど見かけなくなり、8ポイント帯でくすぶっていますが、コッコ珍獣は一時期はちょこちょこ見かけたデッキタイプでした。元々並べないと意味のないデッキだったので、ジョカあたりには致命的に弱かったが、現環境で考えれば、シャリス相手にはコッコを2体以上出さないと壊滅するし、ただでさえ沈黙は天敵なのに並べればマスティマで全滅するし、ヘブンズドラゴンやシュネーヴィッツェンもどうにもならないので、大体今流行っているデッキのほとんどに不利が付きそうではある。

f:id:BUNNY:20180618141104j:plain

相手の一瞬の隙を突いての一斉攻撃に全てを賭けるしかなさそうだということで、貫通と強制防御を入れております。念のために突進も。もちろん、今の環境の全国でこのデッキをやろうという気にはさらさらならないのでイベント戦ですが。

負 後攻 0-3 A2 赤青(ミラージュアウローラ・ライズアンドシャイン)

負 後攻 0-8 HP 赤単スピム(ルインリード・ミラージュアウローラ

負 先攻 0-6 ES シズクブラフマー(冥札再臨・ワンダフルハンド)

勝 後攻 7-0 MG 機械(ミラージュアウローラ・冥札再臨)

負 先攻 0-2 ES 赤単スピム(ルインリード・スターライト)

勝 後攻 8-0 FL カーバンくん(エクリプスセイバー・冥札再臨)

動画は6戦目です。ドヤ顔動画ですいませんって感じですが。

1T(8-8):珍獣はかなり久しぶり。初手はドーバーからトリガー連発できる理想的な配牌。

2T(8-8):相手はカーバンくん。相手はマッシヴじゃないし、ならばとコッコを出してBP勝負に打って出る。こっちは突進構えてるから大丈夫だろうと思ったが、封縛の御札を使われて負けた。

3T(8-7):だったらともう1体コッコを出して更に強化。今度は相手がカーバンくんを1体だけにしての歴戦。しかし、今度は突進でこれを返り討ちにした。

4T(8-2):相手はサンダーボルト。相手はマジョルカ1体だったので、コッコで強化した珍獣で総殴りして5得点。

5T(8-0):相手は再びダンサーボルトでしたが、相手の盤面が低BPのマジョルカカーバンくんだけだったので、これソニックで無双できるじゃんということで、最後はソニックからの獣王の威光で気持ちよくフィニッシュ!

というわけで、このデッキは2勝4敗でした。全国ではさすがに無理だね・・・。ともかく、これでイベント戦は完走。そろそろ全国対戦に復帰いたします。