SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

魔眼王バロール

先日の日曜日はラウンドワン宇都宮でマンスリートーナメントがありました。アポピスを使ったのですが、初戦でヘブドラにブチ当たって完敗でした。心配した参加者は、何とか最低限の4名は確保されましたが、そのうち3人は今はCOJを撤去しているシーサイドの店舗ランキングにまだ名前が残っている上位3名だったんですよね。自分もそのうち登録店舗を変えようと思いつつ、めんどくさくてそのままにしてるんですが。ちなみに来週の日曜日にはラウンドワン栃木・樋ノ口店でマンスリーが開催されます。自分も行く予定です。

f:id:BUNNY:20180724094643j:plain

©SEGA

2-2-006 SR魔眼王バロール

赤 巨人 6CP 8000/9000/10000

■起動・偉力の覚醒
あなたのフィールドに【巨人】ユニットが2体以上いる場合、あなたの行動済の【巨人】ユニットからランダムで1体の行動権を回復する。
■終焉の魔眼
このユニットがフィールドに出た時、対戦相手のユニットからランダムで1体に3000ダメージを与える。この効果を5回繰り返す。
あなたの【巨人】ユニットがアタックした時、対戦相手のユニットからランダムで1体に3000ダメージを与える。

本日のキーカードは魔眼王バロール。最新のカードランキングは178位で、1ポイント安定カード。珍しい種族特化型のSRカードで、巨人族に特化したアビリティを持っている。召喚時効果で、相手1体にランダムで3000ダメージを飛ばし、これを5回繰り返す。阿修羅百式の効果がCIPになって火力が3倍になったようなもので、完全な上位互換能力だ。そして、巨人ユニットがアタックするたびに、ランダムで相手1体に3000ダメージを飛ばせるので、CIPは巨人無関係で使えますが、ランダムということで焼け残りやすく、その後の巨人ユニットでのアタックで追い打ちするのが強いため、単体で使うには少々火力不足ではある。

また、巨人ユニットが2体以上いれば、起動効果で行動済みの巨人ユニット1体の行動権を回復できる。特にこの起動効果との相性がいいのはスルトであろう。全体ダメージを2回繰り返した上に、アタック時の3000ダメージも2回飛ばせるので、大抵の相手は焼き切れるでしょう。ランダムなので、エンジェルビルダーで加護が付いていても大丈夫。CIPは使えないが、蘭翔鳳集の舞が2CPだった時代は、バロールを特殊召喚させる戦法というのもよく見かけました。最近ではパーフェクトテリトリーでほぼ無敵にしたバロールをギガントマキアでコピーして永続化させるというコンボもたまに見かけます。

f:id:BUNNY:20180724100608j:plain

パーフェクトバロール軸の巨人デッキですが、ヤマトタケルをパーフェクトテリトリーで守って、次のターンにスルトやテューポーンなどを走らせるというパターンもあり。ただ、焼きに特化させすぎた感は強い。

負 先攻 0-2 ES 紫単シュヴァリエデューク・グラフィティアース)

負 先攻 0-7 MG ケットシーブリギッド(威気衝天の籠・クロエ大)

負 先攻 0-3 ES 紫単(パニッシュメントブレイク・グラフィティアース)

負 先攻 0-5 ES 青沈黙(グラフィティアース・ギルティアッシュ)

負 先攻 0-5 CH ケットシー(威気衝天の籠・スターライト)

負 先攻 0-7 LO 青緑ハンデス(クロエ大・明天凶殺)

勝 先攻 1-0 ES 侍(シュヴァリエデューク・ノア大)

昇格戦に失敗後、巨人デッキで更に6連敗という悲惨な状態に。動画はやっとの思いで勝てた最後の試合です。これ以外のデッキでもこの日はケットシーにやられまくった。ほんとクソ強いな。ランダムだからエンジェルビルダーとか関係ないし・・・

1T(8-8):先攻だったので、マリガンは無難にピヨビルダーで。先攻初手テューポーンも悪くはないかな?とは思うが。後攻ならエンビルかテューポーンあたり。相手は土方ということで侍ですが、ジョーカーがノアなのでワンショ系のやつかもしれん。早めに決着させたいところ。

2T(6-8):手札が微妙だったので、トリガー割れない状況だったがスルトを素出し。相手はRONINを出してきての運命共同体。これで相手が十中八九リジェネレート武蔵狙いということがはっきりした。試合が長引けば勝ち目はないので、得点源でもありスルトの火力補助にもなるピヨビルダーも無駄死にはさせない。アタックは全スルー。

3T(3-7):ここも全スルーで次のターンのバロールに全てを賭ける。

4T(3-5):巨人の鉄槌が怖かったが、ここはいくしかない。バロールからのスルトの連続アタックとエンビル&ピヨビルのアタックできっちり相手を更地にできた。

5T(3-0):相手は土方とRONINで3体出しての運命共同体で粘る。ここは連続バロールでしたが、当たりどころによっては灼熱を打とうと考えて軽減で出す。土方が焼け残ったので、ここは焼いて特殊召喚させてからのスルト連続アタックがいいだろうということで使っておく。というわけで、一気に5点とって勝負あり。

というわけで、このデッキは1勝6敗でした。ヤマトタケルが全然役に立ってなかった。