SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

アマゾネス

土曜日にドラマ足利に録画台があるという情報をコメントで教えてもらったので、下見がてらに車で行ってきました。行きは距離的には最短ルートの293号線を通ったのですが、山間部を通るのでアップダウンが激しくて、ちょっと自転車で行くのは無理そうでした。自転車で行くとしたら栃木市を経由した例幣使街道ルートでしょうね。結構な遠回りにはなりますがね。録画の方は成功したのですが、いろいろ問題があって画質は以前よりかなり低いです(解像度が低い&アスペクト比がおかしい)。音声もモノラルです(左チャンネルしか録音されてない)。遠いので今後もしょっちゅう通うわけにはいかないため、動画の方は不定期になりますが、画質ともどもご容赦ください。

f:id:BUNNY:20180724182458j:plain

©SEGA

2-0-219 Rアマゾネス

紫 戦士 4CP 7000/8000/9000

【不屈】
■姉御肌
[▲2]あなたのユニットが戦闘した時、そのユニットが戦闘中の相手ユニットよりBPが低く、あなたの紫ゲージが2以上の場合、戦闘中の相手ユニットを破壊する。あなたの紫ゲージを-2する。

本日のキーカードはアマゾネス。最新のカードランキングは1137位で、8ポイント定住カード。コスト4で7000BPの不屈持ちということで、攻守両面での活躍が期待できるスペックを持っている。戦闘時に、自分のユニットが相手ユニットよりもBPが低ければ、相手ユニットを破壊できるというフィールド効果を持っているが、1回発動する毎に紫ゲージを2つ消費するため、紫ゲージが最低でも2は必要で、効果の割りに紫ゲージの消費が大きいかなという感じもする。

低BPの多い紫デッキにとっては、有用な場面は少なくなさそうではある。相手としてはニャザードなどのアタックも防御しにくくなるし、ゲージを消費してまで破壊したくないユニットがいるならば、プレリュードやイシスなどで除去してしまえばいい。防御時は少々狙いにくいか。もちろん、相手が迂闊にアタックできなくなる効果はあるが、BPはでかいとはいえ、除去されてしまえばそれまでである。加護もないユニットが、相手ターンで生き残ることは、このゲームではそうそうないと思ったほうがいい。7000BPのユニットがブロッカーとして立っているので、そもそも相手がアタックしにくい状況でもあるわけで、防御時よりも攻撃時の方が使える能力かと思われます。

f:id:BUNNY:20180803190910j:plain

アマゾネスでゲージ消費が激しそうということで、黒の旋律を入れました。どうせならレベルを上げて使いたいと思い、ガープとオーバーチュアも入れたのですが、これガープで回収して無条件に発動できるインターセプトがペンダントしかないんですね。それもあって、地味に使いづらいデッキになってしまいました。そもそも、アマゾネスの効果はほとんどの相手が知らないので1回は引っかかりますが、1回バレると警戒されるようになるので、そう何度も発動することはなかったです。

イベントのルール的にトリニティは外せない上に、ソニックとアマゾネスも入れるのでかなり窮屈な感じに。アマゾネスとオベロンと妲己を2枚に押さえてどうにか押し込んだという感じです。実際に普段よりもゲージ管理の面で苦労しました。ガープを入れたというのもあるけれど。ジョーカーはアマゾネスに加護付けたかったのでセイクリッドシールドを採用。ぶっちゃけ、ほぼ役に立ちませんでした。

負 後攻 2-4 FL 加護武身(蘭翔鳳集の舞・フォースリベレーション)

勝 後攻 3-0 MG 四聖獣(アブソリュートアーク・冥札再臨)

勝 後攻 8-0 FL ヌト戦士(フォースリベレーション・時矢大)

勝 後攻 2-2 MG 赤青緑(ソウルエクスキューション・シュヴァリエデューク)

勝 先攻 2-1 MG アポピスゾンビ(エクリプスセイバー・冥札再臨)

動画は最後の試合です。アマゾネスには2回加護を付けたのですが、2回とも速攻で沈黙されました・・・。むしろ加護を付けない方が、相手が怪しまなくていいのかも😅。アマゾネスの効果なんて知らない人が多いので、1回は大体ひっかかってくれます。

1T(8-8):マリガンは基本ハゲ狙い。今回はメイカも一緒にキープできたので、初手はメイカスタートで。相手はのろいのはにわからのデスパレート。ゾンビデッキのようです。

2T(8-7):ここは破戒僧でゲージを3に。

3T(7-7):アマゾネスチャンスが到来。アマゾネスを出して、破戒僧でアタック。相手はメイメイで受けてアマゾネスの効果が発動しました。しかし、満足してホクホクしてたら返しにサリエルされました😖

4T(7-7):ガープを引けたが、発動できるインセプがなかったので、ここはインペイルメントでサリエルを処理しました。返しにハンデスされまくる。

5T(7-7):ニャザードでガープを引く(ホントはオベロンが欲しかった)。ここもすぐに発動できるインセプがなかったので、1回アザゼルでインセプ引いてからガープを出そうかとも思ったが、手札使いすぎなので自重。サリエルを警戒して封殺を選びました。結果相手のアンラ・マンユを封殺で潰せました。

6T(7-3):ようやくオベロンが引けました。大量4得点。更には相手のお願いサリエルも失敗して、完全にこっちペースとなりました。

7T(5-2):ここはミス。妲己で2体消滅でもよかったが、ゲージ減らさずに2体倒せるじゃんと、ガープを出してオーバーチュアを回収。そう、手札にインセプがないとオーバーチュアは発動しないんです😅。これを考えると1CP必要だが採光の羽ばたきの方がいいかもしれませんね。しかも手札カツカツの時には無反応のいじわるガープさん2体・・・。返しにアイオーンでガープ2体揃って破壊されてしまいました。

8T(5-1):起死回生のシュネーヴィッツェン自摸。相手はアポピスを出しますが、残り枚数的に効果は発動せず。

9T(5-1):インペイルメントでアポピスを焼いてからの全力アタック。シュネのアタックをレヴィアタンで相討ちに受けてくれたので、だったらと妲己を自爆させて、残りのミーナ2体も焼きました。

10T(2-1):オベロン引ければ勝ちだったが引けず。ニャザードと破戒僧を出してターンエンドしたが、ここはサリエルの弾除けにメイカも出すべきでした。結果的にはアイオーンが出てきたので出しても出さなくても一緒でしたが、一応封殺を刺していたとはいえ、土台のユニットが2体いたら終わってましたから。

というわけで、このデッキは4勝1敗でした。