SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

無限の魔法石

ウィルスは敵陣妨害以外にも、自陣サポートみたいなのもあるってことか。

f:id:BUNNY:20150129232228j:plain

©SEGA

No.1-1-090 SR無限の魔法石

トリガー 0CP 無

■無限の魔法石
あなたのユニットがフィールドに出た時、あなたは手札を1枚選んで捨てる。そうした場合、あなたのデッキからカードを1枚選んで手札に加える。

本日のキーカードは無限の魔法石。最新のカードラキングは2位。これまでも常にトップ5にランクされ続けてきましたが、先日セット発売されたことで普及率が伸びてランクアップし、使用ポイントも現在1位のデビルウィンナーとは僅差。1位も見えてきました。これほどデッキを問わず採用されるカードは他になく、SRであることが足枷になっていただけだったが、セット販売によってその足枷も取り外された。1枚交換でデッキの中から好きなカードを0CPで1枚サーチできるという頭のおかしな効果を持っており、この魔法石を3枚揃えることがCOJのスタートラインと言われるのも納得の便利さである。ただし、プレイセンスが問われるカードでもある。その状況で何を捨てて何を持ってくるか。特に何を捨てるかってのは、自分もよく迷うし難しい。実質的には2枚捨てて1枚引くのだから、その取捨によってはかなりの不利を被る可能性だってある。明確に引きたいカードがある時に使いましょう。

f:id:BUNNY:20150710191840j:plain

入らないデッキはないので、好きなデッキやればいいんじゃねえの?とも思ったが、ワンショット系で必要パーツをかき集めるために使ってみようかと、ニケワンショットにしてみました。ワンショットとはいっても、このデッキは7点取れる状況はかなり限定的で、玉璽からLV2カンナで殴っての、軽減OCニケ→ディバインシールドだけかな。そもそもカンナがLV2になってるってことは、すでに1点取ってるだろって話だし。マネゲとミカエルがあれば7点取れるけど、そもそも7点必要な状況なんてそんなにないし、玉璽、OCニケ、ディバインシールドだけで6点取れるのだから(軽減用のユニットも要るけど)、そこに必要カード2枚追加してもう1点増やすなんて、手間に見合うものでもないだろうと。そのためにエラーランを入れているので、カンナに頼らずとも1点は確実に取れる算段もある。では結果です・・・

先X戦士

先◯海洋

先◯赤悪魔

3戦連続先行で2勝1敗でした。ちなみにこの後やったデッキも5戦連続先行だったので、今日は8戦全て先行でした(笑)。こんな日もあるさ・・・。最初の試合は凡ミスで負けました。戦士デッキでリザードナイトが出てきたのですが(かなり久々に見た)、これCPを余らせるとBP+1000する奴か・・・とそこまでは覚えていたのですが、カウンタークロック持ちということを完全に忘れてました。で、そいつがいるのに勝負を決めに玉璽を使ってしまったという・・・。こいつカウンタークロック持ちだったんかい!と天を仰ぎました。知ってたら毘沙門してたんだけどな。2戦目は思い描いた展開にはならなかったものの、ツクヨミなし(多分)の海洋相手にライトシールドで守られたジャンヌが刺さり、中盤以降の毘沙門連打でゴリ押し勝ち。3戦目は、初手にカンナを出せず、コンボパーツも中々集まらずで苦労したが、3-7から毘沙門でまず1点。この時点で手元には玉璽、LV2ニケ、ジョーカー。返しに相手はアザゼルで1点取りきましたが、それだけでターンエンド。この絶好のチャンスに、ストライクナースを引く。デッキに残ってるのはニケとナースが1体ずつ。50%の確率にかけて軽減でナースを出して見事にニケを引き当てる。で、軽減OCニケからのディバインシールドで一気に6点取って勝ち。

そんなわけで、やりたいことができてスッキリしちゃったので、このデッキは3戦で終了しちゃったというわけです。