SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

ユグドラシル

土曜日に動画をYoutubeにあげた直後にネットが繋がらなくなってしまって、今日になってようやく復旧できました。なので、動画にかなり遅れての記事になってしまい申し訳ありません。この記事をあげた後に、日曜日のデッキをラボで編集する予定だったのですが、それもできなくなってしまい、結局日曜日はゲーセンに行くのを断念してしまいました。明日エラッタだそうで、その前にやりたいデッキもあったのだが、まあ仕方ないです。

f:id:BUNNY:20170509175121j:plain

©SEGA

1-3-232 SRユグドラシル

緑 神 4CP 7000/8000/9000

【固着】
■生命の育み
あなたのターン開始時、このユニットの基本BPを+2000する。
■世界の真理
対戦相手のコスト2以下のユニットに【攻撃禁止】(アタックすることができない)を与える。
■愉悦の杯
このユニットが戦闘に勝利した時、あなたのCPを+1する。

本日のキーカードはユグドラシル。最新のカードランキングは104位で、今のところは2ポイント安定カードだが、次回のDOB更新からは0ポイントになりそうなほど、にわかに注目されているカードの1つ。コスト2以下のユニットに攻撃禁止を与える上に、固着持ちでバウンスされないという、明らかに珍獣キラーとしてデザインされたカードである。更に、毎ターン2000ずつ基本BPが上がっていくため、放っておくとデッキによっては対処不能にもなりかねない。戦闘勝利時にCPが+1される能力は、オマケ程度のものと考えていいだろう。出た当初はかなり重宝されたカードだが、その後あまり使われることはなくなっていた。しかしながら、ここにきて一気に注目度が上がっている。話題の勝負どころを筆頭に、低コストユニットで一斉攻撃して大量得点を狙ってくるデッキが非常に多く、ユグドラシルの効果が刺さりやすい環境にあるというのが最大の理由だが、それに加え、マジョルカの登場でユグドラシルに手軽に加護が付けられるようになったのも大きいと思う。元々、ユグドラシルに加護を付ければ強いというのは言われていたが、中々実戦向きではなかった。

f:id:BUNNY:20170509180421j:plain

カーバンくん育成デッキに、マジョルカと共に投入してみました。野球絶対許すまじ!

勝 後攻 5-0 MG 血染め珍獣(ギルティアッシュ・ルインリード)

野球ではなかったが、これもぶっ殺しターゲットの血染め珍獣が相手(断言はできないが恐らく)。1ターン目はサンビスタ出したのですが、ボケてて5枚エンドしてしまいました。2ターン目に何も出さずにターンエンドしてきて、明らかにメロディーする気満々。しかし、こちらの手札には死神のランプが・・・。まあ、予想外の天災の孤島とかいう謎カードで自傷してきたんですがね。このカード、ジーク紫にも入れてる人いたし、高ポイントの自傷カードとして注目されているっぽいね。とはいえ、予想通りの幻想のメロディーにランプがクリティカルヒット。3ターン目はユグドラシルを出して、珍獣ぶっ殺します宣言。血染め珍獣にとっては天敵中の天敵でしょう。できれば、早くマジョルカを引いて加護も付ければ、一層万全といったところ。ここでもランプをセットしてターンエンド。すると、今度は相手のドーバーデーモンにクリティカルヒット!。さすがにユグドラシルが場に出ている上に、この度重なる仕打ちで、相手の方の心は折れたようです。

というわけで、してやったりの試合ができたので、このデッキは1戦で終了。