SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

セクメト

ゴールデンウィーク特別ミッションで、水着エクスカリバーが手に入るそうです。SRが3枚簡単に手に入るので、まだお持ちでない方は是非ミッションをクリアしておきましょう。最近は全然使ってないけど、強いことは強いと思うので。

f:id:BUNNY:20180426173824j:plain

©SEGA

2-1-039 VRセクメト
インターセプト 1CP

■セクメト
(このインターセプトは2回使用すると捨札にいく)
対戦相手のユニットがアタックした時、または対戦相手のターン終了時、あなたのフィールドにユニットが4体以下の場合、あなたのフィールドに[セクメト]を1体【特殊召喚】する。

本日のキーカードはセクメト。最新のカードランキングは599位で、2ポイントと4ポイントの境界線上のカード。2.1で各色に追加された固有のユニットが特殊召喚されるインターセプトの赤バージョン。発動タイミングは相手ユニットのアタック時と、相手ターンの終了時の2つで、1つのインターセプトで最大2体までセクメトという実際のカードとしては存在しないユニットが特殊召喚される。複製による特殊召喚と違い、バウンスされれば手札にユニットカードとして戻るし、破壊されれば捨札に送られるので、通常のユニットとして使用することも可能です。

セクメトのユニットとしてのスペックは2CPで3000/4000/5000となっている。種族は悪魔。セクメトは戦闘によって破壊された時に、相手ユニット1体に4000ダメージを与えることができるので、相手がアタックしてきた時に発動すれば、盤面次第では後続のアタックを阻止することも可能となる。しかし、このカードの真骨頂は相手ターン終了時に発動した時である。種族が悪魔であるため、セクメトを並べることによって、マモンの火力を上げることができる上に、ターン終了時での召喚になるので、相手を更地にしてセクメトもアタックに参加できるというわけである。

他にも魔王の逆鱗とのコンボも考えられる。逆鱗は、悪魔ユニットが破壊された時に、相手全体にオーバーヒートを与えて、1体にランダム5000ダメージを与えられるので、10000ダメージ+8000ダメージという火力を出すことが可能となります。

f:id:BUNNY:20180426180320j:plain

エラッタで強化されたアスモデウスとマーヤを使ってみた。マーヤは消滅効果対象が付いて、インドラでも死なない。黄色は赤で殺せという運営からのメッセージが聞こえるよう。マーヤでBPラインが下がるので、微妙に届かなかったレベル2以上のヘブドラも、シャリス灼熱の圏内に収めることができるのもでかいです。逆に、黄色側としても今後はマーヤの対策になるカードを積む必要性が出てきそうですね。

勝 先攻 6-0 FL ハンデス(フォースリベレーション・エビルガンビット

負 後攻 0-2 ER 海洋ゾンビ(冥札再臨・エクリプスセイバー)

勝 先攻 6-0 FL 精霊天使(冥札再臨・エクリプスセイバー)

動画は3戦目です。

1T(8-8):先攻なので、マリガンは定番のマコ狙い。かなり怪しかったが、最後のマリガンでどうにか確保できました。

2T(8-7):相手がプリティベルを出してきたのでリリスで焼いて先制。何か相手のデッキがかなり怪しい感じ。相手は再びプリティベルからネオ・サンダーボルト。なるほど、そういう系か。

3T(8-5):マーヤとラーでプリティベルを焼いて追加点。ブリュンヒルデでも消えないマーヤ強い!

4T(7-4):相手のBPライン的に、ヘスティアしかなかった。迷ったのは灼熱も打って更地にするかどうかだったが、勿体無いのでやめた。BPラインが下がってヘスティアも活かせるマーヤ強い!

5T(7-4):シャリス灼熱で相手を更地にし、セクメト用のCPを残してターン終了。そして、相手のターン終了時にセクメトをダブル召喚。

6T(6-2):マモンで相手を一掃し、マモンの上から2体目のマーヤをエボルブ。前のターンに冥札でサンダーボルトを回収していたのでね。サンダーボルトでも死なないマーヤ強い!

7T(6-0):機は熟した。トドメにアスモデウスを召喚。新たに得たスピードムーブで2点取って勝利となりました。アスモデウスの餌になるマーヤ強い!

というわけで、このデッキは2勝1敗でした。マーヤもアスモデウスも普通に強かったかです。これはさすがに赤は増えそうかな。黄単にも強そうだしな。