読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

新緑の召喚術

COJ 動画

今頃新バージョンに向けてのカウントダウンキャンペーンとか知りましたが、次バージョンから登場する新しいチケットがもらえるみたいですね。それをターミナルで使うと2.0オールのパックが1クレ(8枚?)で買えるみたいで、沙夜の方のチケットだとSR確率がアップするらしい。新チケットもミッションとかで配布されそうですね。この流れだと、2.1になったら1.4オールの1クレ8枚パックも常設するのかな?とも期待しますが、そうなれば新規がカードを買い集めしやすい環境にはなるんですけどね。てか、12日までに後6回ゲーセンいかないといけないのか。

f:id:BUNNY:20170221122934j:plain

©SEGA

1-3-070 VR新緑の召喚術

インターセプト 1CP

■新緑の召喚術
対戦相手のユニットがアタックした時、あなたのフィールドのユニットが4体以下の場合、あなたの捨札にある進化ユニットカード以外のコスト2以下の緑属性ユニットをランダムで1体【特殊召喚】(ユニットがフィールドに出た時の効果は発動しない。また、「ユニットがフィールドに出た」と定義しない)する。

本日のキーカードは新緑の召喚術。1.3で登場した相手のアタック時に特殊召喚ができるインターセプトシリーズの緑バージョンです。最新のカードランキングは796位で、ここのところは8ポイントに定住している。相手ユニットがアタックしてきた時に発動可能で、捨札にある2コスト以下の緑ユニットを特殊召喚できるカウンターカード。2コス以下の緑ユニットで特殊召喚して強いのは、何と言ってもモロクであろう。他にも、壁としてならゴーレムやコロポックルもいるし、カウンタークロック持ちのクシナダヒメなども悪くはない。相手の意表をついて、プランを崩すことができるのが、召喚術全般の強みです。リターンは大きいが、ブロックナイトやドーバーデーモンみたな小型ユニットや、キーワード能力やCIP能力が使えない特殊召喚では旨味のないユニットも多く、デッキ構築が窮屈になりがち。更に、更地にされたり、トリガー割りなどで発動タイミングを失う危険もある。特に軽減などを使って無理にCPを捻出した時は、それが大きなリスクとなります。

f:id:BUNNY:20170324124840j:plain

DOBはC。当然特殊召喚の対象となるのはモロクである。緑の2コス以下をモロクに限定するならば、武身デッキが安定。そうなるとイージスが使えないので、最初は村正を採用しようかと考えてたのですよ。でも、特に先行初手を考えると村正というのはちと頼りない。それに、仮に召喚術でイージスが召喚されちゃっても、それはそれで悪くはない気もしたので、2コス以下をモロクに限定するのはやめて、イージスも2枚だけ採用してみました。2枚にするとマリガンの難度は上がってしまうが、2ターン目にデュランダルに進化する可能性は大きくなる。それに、初手は軽減サンビスタなんかで妥協してもいいだろうし。ただ、アフロディーテと鍛冶神の組み合わせはよくなかった。加護付いてると、鍛冶神発動できないんよね。

勝 先攻 3-0 A8 神託黄単(インサイトストライフ・インペリアルクルセイド)

相手のデッキがユニコーンハーピーやスティンガーなど神託のついたユニットだらけで面白かった。でも割りと強そうに思えたので、これは後でパクりたいなと思ってます。期間限定ミッション用のデッキで間違って全国に出ちゃった可能性もあるがw

負 後攻 0-6 A4 レベコン(インペイルメント・ワンダフルハンド)

武身はレベコンには割りと強いイメージもあったが、小回りの効くラダマンティスが厄介すぎた。加護付けてもメイメイやサリエルで簡単に突破されるし。何にもできなかったわ・・・

負 後攻 0-6 K5 武身(サイレンスビロウ・トリックフィンガー)

武身ミラー。3ターン目の相手の村正のランダム沈黙が3分の1でアフロディーテに命中したのが全てだった。その上、武身の転生具合でも相手に圧倒されて完敗・・・

勝 後攻 7-0 A7 赤青紫魔導士?(ブレシーorセクシー・シャープリィスライフ)

マリガンはミスったが、最初のドローでマジカルなっくるを引けたので、悪くない出だしに。ここで相手はなっくるにアムネシアを当ててきたが、おかげで鍛冶神を打てました。これでなっくるが確定でロンギヌスに転生。相手が2ターン目に何も出してこなかったので、これで相手を更地にして2点先制できました。3ターン目はロンギヌスがアロンダイトに転生してしまったので大量得点にはならず。さすがにジョカケアせねばならなかったので、残すならアフロディーテと武身だなとミューズを下げたのですが、下げるなら殴ってからでよかった。てか、あのターンは何も出さないのがベターだったかなと。ただ、結果オーライにはなって、4ターン目に、アロンダイトエクスカリバーに、クサナギがロンギヌスに転生したため、一気に相手を更地にして3点追加。ミューズで1点取ってれば、この時点で試合は終わってましたね。ネメシスで返されてはしまったが、6ターン目に相手のダークカイザーを、ドヤ顔の新緑モロクで討ち取ってゲームエンド。気持ちよく勝てました。

というわけで、このデッキは2勝2敗でした。

強欲の代償

COJ 動画 無色

今日紹介するのは1ヶ月以上前の試合で、エラッタ前の動画です。あげる予定だった動画だったのですが、すっかり忘れてました。

f:id:BUNNY:20170321171506j:plain

©SEGA

1-3-239 SR強欲の代償

無 トリガー 0CP

■強欲の代償
あなたのユニットがフィールドに出た時、あなたのジョーカーゲージを0にする。あなたは2ライフダメージ受ける。カードを2枚引く。
あなたのターン開始時、あなたはカードを1枚引く。

本日のキーカードは現在のCOJにおける最大の害悪カードとも言われる強欲の代償。最新のカードランキングは169位で2ポイント圏内。先日のエラッタで弱体化を食らい、ジョーカーゲージを0にするという文言が追加されたが、この程度の修正では勢いは止まらず、むしろ順位は上がっている。とはいえ、このカード自体は字面的にかなり弱そうに見える。なにせ、2ライフとジョーカーゲージを犠牲にして得られる対価が2ドローだけである。しかしながら、この自傷行為によって相棒の幻想のメロディーの発動要件を満たし、そこから一気に加速するドローとCPブーストにより、相手に何もさせずに早期に勝負を決めてしまうことが容易であり、現代のメフィスト光明とも言えるコンボである。メフィスト光明ほどの大流行ってわけではないが、メタられると非常に脆く、引き次第では逆に何でもできずに負けるため、対戦相手としては勝っても負けてもつまらない試合になりがち。それが嫌われている大きな要因でもある。このカードの周辺に限らず、今のCOJはCPブーストが容易すぎるというのが問題だと思う。修正するなら、このカード自体よりも、そっちじゃないかなと思うのですが。

f:id:BUNNY:20170321173402j:plain

強欲の代償エラッタ前です。勲章システム時代の全国1位だったディズさんが公開していたデッキが面白そうだったので、ほぼそのまま使わせていただきました。

負 後攻 0-7 A3 鍛冶神道化師(ブレシーorセクシー・スターインパクト)

カスデッキ対決!。1ターン目の総長からの鍛冶神伏せはまだ分かるよ。何ではにわで手札空にしたのに、2ターン目にストレンジアイから鍛冶神伏せなんてできんだよw

負 先攻 0-4 A9 ハンデス(明天凶殺・ワンダフルハンド)

先にハーピーで点取に行ってるし、代償の戦い方じゃねえな・・・

勝 後攻 4-0 A5 ブリギッド緑(ブレシーorセクシー・ヘレスカorインクル)

相手の方まだまだやれそうな感じだったが、代償打ったらサレンダーされました。やっぱ、嫌われとるなあ・・・

勝 先攻 3-0 A7 武身(ブレシーorセクシー・ターミネイトコマンド)

初手は代償は打たずにはにわのみ。相手は初手クサナギ。2ターン目は代償メロメロからの高原ミカヅチ。更に高原引いたので、ならばと高原ハーピーでイージスを寝かせた後に、政宗出してからタケミカヅチでクサナギをバウンス。3点ゲット。これって2ターン目で作れる盤面じゃねえぞ。相手はもう1回クサナギするしかなく、これもう勝ちじゃね?って感じに。詰ます方法はいくらでもあったが、最終的に一番まどろっこしい方法を選んでしまったな。一番スマートなのは、タケミカヅチのバウンス効果をブレイブシールドで2回発動してから、全スルーされたらヴィヴィアンで行動権消費だったろうけどね。

というわけで、このデッキは2勝2敗でした。エラッタ後だとブレイブシールドが使えなくなるので、今の代償だとこのデッキはちょっと辛いかもしれませんね。

混沌神カオス

COJ 動画

COJ引退して丸1ヶ月が経ってしまいました。元々他のゲームにうつつを抜かして、ゲーセンから足が遠のいてしまっていたのですが、うつつを抜かしていたゲームが終わった後も、億劫になってました。さすがにこれ以上はマズイということで、今日は悪天候の中を頑張って出掛けたというわけです。ちなみに、現在行われているイベント戦は、パスしようと思ってます。イベント戦を完走できなかったのは、本格的にやるようになった1.2中期以降では初めてのことになりますが。

f:id:BUNNY:20170326210742j:plain

©SEGA

2-0-133 SR混沌神カオス

紫 不死 6CP 7000/8000/9000

■無限の混沌
[▲5]このユニットがフィールドに出た時、あなたの紫ゲージが5以上の場合、対戦相手の全てのユニットに8000ダメージを与える。あなたの紫ゲージを-5する。
■空間断絶
[▲2]このユニットがアタックした時、あなたの紫ゲージが2以上の場合、対戦相手のユニットを1体選ぶ。それを対戦相手の手札に戻す。あなたの紫ゲージを-2する。
このユニットが破壊された時、あなたの紫ゲージを+2する。

本日のキーカードは混沌神カオス。最新のカードランキングは207位と、カード追加後初めて200位を下回った。とはいえ、紫のフィニッシャーとしては、いまだにルシファーに次ぐ性能であることに違いはない。紫らしい派手な効果を持っていて、紫ゲージを5つ全部消費することで、相手全体に8000ダメージという、全体火力としてはガイアを上回って現時点では最高火力を保持している。ガイアと違って味方には被弾しないので、相手を一方的に更地にして大量得点を奪いやすい。また、ゲージ2つを使ってアタック時にバウンス効果を発動することもでき、秩序の盾などの焼け残りを、この効果で処理することも可能。場合によってはゲージ4以下で出してこちらの効果だけを狙うという戦略も取れます。また、他のフィニッシャーが紫ゲージを大量消費するだけなのに対し、カオスは破壊されることで紫ゲージをキャッシュバックすることができるのも大きな特色であり利点である。

f:id:BUNNY:20170326212323j:plain

今の紫は大体こんな形でテンプレ化してますね。特にニャザードからかぐやまでの並びは、どんな形のデッキでもほぼ固定って感じで完成されすぎている。8ポイントのユニットをパイモンのところにいれて、DOBをCにすることもできたが、前期のクシタマほどのおいしい8ポイントユニットが今期は見当たらないし、自分自身が3週間ぶりの実戦で最初に使うデッキだったということもあり、ここは無理せず、Dでデッキパワー重視にしておきました。

勝 後攻 6-0 A6 ハンデス(サイレンスビロウ・ワンダフルハンド)

後攻初手は軽減アザゼルから。しかし、紫電龍に瞬殺された。エラッタでBP6000限定破壊からBP6000以上破壊になったけど、超絶的な上方修正じゃないか。こいつは使いたくなったぞ。2ターン目もアザゼル引いたのでもう1回出す。さすがに2ターン連続では来ないはず。相手はルカちゃんからコルフェを決めてきたので、ならばとダブルニードルレインで更地にしてやった。3ターン目はニャザードでカオス引いて、カオスでもいいなという場面だったが、ここは当初の予定通りにプレリュードからのホーミングバレット。綺麗にウイルスを外してくれて完全に主導権を握れました。相手はまたルカちゃんからコルフェを決めてきたが、サイレンスビロウは打たずに2CP残しでターンエンド。何か狙っているのは確定的に明らかだったので、ならばとカオスでその目論見ごと吹き飛ばそうとしたが、そっか、ネクロポリスはユニットが破壊された時点で発動するから、更地にしたからといって発動できないわけじゃないのかw。ここで3点取るはずが1点にとどまってしまったが、返しに相手がOCネフィリアを出してきたところで封札が火を吹いた。相手の心を完全に折って勝利となりました。

というわけで、1ヶ月ぶりの復帰初戦を飾ることができました。