SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

蜀漢の英雄・趙雲

COJポケットのイベント戦、残り3日となりましたが、現状では3枚目のランスロットまでは何とか行けそうだが、3枚目のバアルに届くかどうかは今後の勝率次第という感じです。後1回でいいからブーストチップ配布してくんねえかなあ。てか、無課金だとデッキも弱いし、ガチ勢とも平気でマッチングするから、3枚集めるの厳しくね?。せめてチップなしでも100/50くれるか、報酬ポイント下げてください。

f:id:BUNNY:20171013085032j:plain

©SEGA

PR-106 PR蜀漢の英雄・趙雲

インターセプト 0CP■蜀漢の英雄・趙雲
あなたのユニットが戦闘した時、ターン終了時までそれのBPを+4000し、対戦相手の全てのユニットの基本BPを+1000する。

本日のキーカードは蜀漢の英雄・趙雲。今は亡き三国志大戦TCGとのコラボカードである。最新のカードランキングは312位で4ポイント安定カード。無色のパンプアップカードで、戦闘中の自分のユニットのBPをノーコストで+4000できるが、相手の全てのユニットの基本BPを+1000するというデメリットがある。

かつてはよく見かけたカードでしたが、今は無色パンプ自体にそれほど需要がない状況もあって、ほとんど見かけることがなくなった。逆に言えば、今ならあまり警戒されないという利点はある。戦闘だけに限れば不可侵防壁と同等の性能を持っており、無色パンプとしては破格の性能である。勿論相手が1体ならばデメリットは全く無くなるし、デメリットを利用してBPコントロール系のデッキに入れてみるのもいいだろう。BP5000のミューズを6000にして紫電龍で討ち取るような動きが可能。

f:id:BUNNY:20171013090531j:plain

スピードムーブ主体の赤黄デッキにピン刺ししてみた。

勝 後攻 7-0 FL トリコン(シャープリィスライヴ・冥札再臨)

負 後攻 0-3 MG ブリギッドハンデス(フォースリベレーション・パニッシュメントブレイク)

負 先攻 0-2 FL トリガーロスト(ソウルエクスキューション・ブレイブシールド)

負 先攻 0-2 HP ブラフマーハンデス(ブレイブシールド・デリートレイド)

勝 後攻 6-0 FL 海洋ブラフマー(フェイクorティンクル・フォースリベレーション)

勝 後攻 2-0 MG 連撃ブリギッド(エクリプスセイバー・インサイトストライフ)

動画は最後の試合です。

後攻初手にレベル2信長を出して2点先制。相手はブリギッドで焼いてきました。2ターン目はONI店長でギャウルスに呪縛を付け、ラーでブリギッドを焼いてアタック。相手のジズがブロックしてきたが、これを趙雲で討ち取った。相手陣には呪縛で置物となったギャウルスしかいないのでデメリットはなし。相手はドーバーからのトリニティ。

3ターン目は店長でトリニティの行動権を奪い、起動効果でトリニティにも呪縛。これはランダム効果なので、ギャウルスにいってしまう可能性もあったが上手くいった。残ったドーバーは赤レイアで焼いて一気に3点ゲット。ここまでは快調でした。相手はエクリプスセイバーでブリギッドを回収してのブリプラ。

問題は4ターン目です。ここは完全にやらかしました。相手が緑伏せ2枚で、こちらは手札にレベル3のホルス。ここで、紅蓮の命で相手のトリガーゾーンぶっぱすればいいじゃんと考えてホルスを出したのだが、ホルスのアタックタイミング的に、こっちのインセプ発動前に、パンプは使えますよねと・・・。ということで返り討ちにあってしまいました・・・

5ターン目はヴィヴィアンでオトタチバナに呪縛を付けるも大いなる世界を打たれてしまい1点差に詰められる。しかし、6ターン目にどうにか魔法石を引けたので、ジョカで一旦リセットできました。ジョーカーもマックスになっていたので、ここでエクリプスセイバーを使って信長を確保しておく。そして7ターン目にヴィヴィアンを引いた時点で勝ったなと。レベル2信長を出して紅蓮の命でトリガー破壊。相手は当然全力ブロックですが、残り1体となったところでヴィヴィアンで行動権を奪い、ブレイブシールドで信長の連続アタックを決めて勝利となりました。

というわけで、このデッキは3勝3敗でした。

繁栄の対価

COJポケットのイベント戦はようやく目標の15000ポイントの半分まで来た。2回ほどゲーム中にスマホの電源が落ちてしまい、自分が持ってなくて使えないアンフェア・タックスを使われまくるのでストレスマッハです・・・。昨日からスマホの充電ができたりできなかったりで、多分ケーブルがイカれたんだと思う。

f:id:BUNNY:20171015093624j:plain

©SEGA

1-4-049 VR繁栄の対価

インターセプト 0CP

■繁栄の対価
対戦相手のコスト5以下の進化ユニットがフィールドに出た時、それを対戦相手の手札に戻す。フィールドに出た進化ユニットのコストが2以下の場合、手札に戻る代わりにそれを破壊する。

本日のキーカードは繁栄の対価。最新のカードランキングは386位で、最近は4ポイントに定着しつつある。進化メタカードの1つで、相手のコスト5以下の進化ユニットが出てきた時に、それをバウンスできるインターセプトエラッタによってコスト2以下の進化ユニットに対しては破壊ができるようになった。これにより、低コストの進化ユニットをバウンスしても花の高原でもう1回おかわりされる、なんてことが防ぎやすくなっている。

特にアタック時効果やフィールド効果の強力なアリアンロッドリリスなどのユニットに対しては強力なカウンターとなり得るが、CIP効果は防ぐことができないので、CIP能力の強力なゴールドクラウンやハデスなどに対してはやや効果薄か。勿論1点を防ぐ効果はある。かつて、イザナギサリエルの全盛時にはかなり重宝されていたカードだが、花の高原によって進化側に対応力が付いてしまい相対的にパワーダウンした。

エラッタによって上方されたものの、進化ユニット=フィニッシャーという概念が過去のものとなりつつある現在では、進化ユニットに頼らないデッキが増えているため、進化だけでなく広範囲のカードを見れるデストラクションスピアに完全に食われている状況である。

f:id:BUNNY:20171015100031j:plain

イベント戦です。1.4後期に流行っていたトリガーロストを再現、といきたかったが、マコとマーヤが1枚ずつしかないのでこんな感じになってしまった。未来兵器の信長と、COJポケットではすでに弱体化されたニードルヘルが健在なのが偉い。

負 後攻 0-4 MG 選ばれ黄単(セイクリッドシールド・エクリプスセイバー)

勝 先攻 3-0 A9 赤青(フォースリベレーション・タワーエグゼクト

勝 後攻 5-0 A4 武身(インサイトストライフ・スターライト)

勝 先攻 5-0 MG 赤単(スターライト・ブレイブシールド)

動画は最後の試合です。ちなみに、繁栄の対価は全国でもちょこちょこ狙っていたのですが、ホント全然使うことがなくて、今回のイベント戦の環境ならと狙ってみたら4戦中2回発動できました。(もう1つは、負けたけど黄単相手にイザナギにヒット!)やっぱり今は環境が悪いんですかね。

このデッキ、マコが1枚しかないので、先攻初手が厳しすぎることにやってて気付くw。タコかチアデビルしかないなと。この試合はチアデビルスタート。相手は未来兵器信長。ここは敢えてブロックせず。レベル1ならニードルヘルかラミエルで倒せるので、その可能性に賭けました。で、見事にラミエルをツモって、信長を焼きつつ2点返します。

相手はバアルを出してきましたが、ここで繁栄の対価が火を吹きました。3ターン目はドフリーで未来兵器信長を送り出して一気に残り1点に。相手はシヴァシヴァで盤面をリセットしてきましたが、最後になるよを引き込んでのクリスマスふぉ~ゆ~!で勝負アリ!。ザ・クソゲー

というわけで、このデッキは3勝1敗でした。今回のイベント戦はトータルで22勝15敗で星155個でした。

ガネーシャ

今日もワンダフルパックでオシリスとヌトをゲット。今回の腹パンはマジでSRが出まくります。たまたまなのでしょうか?

f:id:BUNNY:20171006201748j:plain

©SEGA

1-4-013 Rガネーシャ

黄 神 3CP 5000/6000/7000

■折られし牙
あなたのターン終了時、ラウンド数が偶数の場合、対戦相手のコスト3以下のユニットを1体選ぶ。それを対戦相手の手札に戻す。(手札が上限を超える場合、捨札に送られる。)

本日のキーカードはガネーシャ。最新のカードランキングは791位。少し前までは典型的な8ポイントと4ポイントのルーパーだったが、最近は8ポイントに定着しつつある。ラウンド数が奇数か偶数かで効果が発動するシリーズの1枚で、偶数ターンの終了時に、コスト3以下の相手ユニット1体をバウンスできる。このコスト3以下という条件を結構忘れがちなので注意が必要。(自分だけか?)

ジャンプーと比較すると、スペックとコストの軽さで優れているが、その分バウンスの条件が、偶数ターンの終了時かつコスト3以下と厳しい。CIPでバウンスできるジャンプーと違って、出しただけでは攻撃に繋げられないのも劣勢である。一応生き残り続ければ複数回バウンスは可能だが、ジャンプーよりは優れているといっても、2ターンも生き残れるようなスペックでは決してない。ちなみに、エラッタされる前はジャンプーと全く同一のスペックであった。

f:id:BUNNY:20171014204816j:plain

イベント戦です。デッキは選ばれ黄単。ガネーシャやガブリエルのバウンスや、クリスのトリガーバウンスとの相性がいいのでアンフェアタックスを入れてみる。

勝 先攻 4-0 A4 赤単(セイクリッドシールド・タワーエグゼクト

勝 後攻 7-0 A2 ハンデス(フォースリベレーション・スターライト)

負 後攻 0-5 A4 赤青海洋(ルインリード・タワーエグゼクト

勝 先攻 5-1 A7 巨人(ディバインシールド・インペリアルクルセイド)

勝 先攻 7-0 FL 緑アグロ(インペリアルクルセイド・マッシヴサージ)

動画は2戦目のハンデス戦です。

相手はフープエンジェルスタートで、こちらはアポロンでコピー。今のハンデス相手だとこの動きは躊躇っちゃいますが、この当時はグレイヴガーディアンがいなかったので、ある程度はハンドを気にせずに突っ込めるところはありますね。相手は何も出さずにターンエンドしてきましたが、明らかに何か狙ってそうなので、クリスでトリガーバウンスしておく。1点先制。

ネフィリアで手札を空にされますが、グレイヴガーディアンが湧いてくることはないので、まだ気が楽です。グレイヴガーディアンはマジでどうにかして欲しいと改めて思いますね。3ターン目はインセプ1枚で敵陣を更地にできたので、何も出さずにターンエンドも、フープエンジェルと見習いシーフで手札を削られる。4ターン目は使いたかったのでガネーシャを送り出す。ハンデスユニットを返してしまうので、手札は空にしておいた。

相手はフォースリベレーションからマミーちゃんとツクヨミを出してターンエンド。となあれば、5ターン目は狙っていたエクリプスセイバーで回収してのガブリエルダブルバウンスを決行。It's showtimeは予定外でしたが、生えてきたのがフープエンジェルだったので問題なし。

というわけで、このデッキは4勝1敗でした。ガネーシャの3コスト以下という条件を忘れて、2回ほど無駄に出してしまいました。しかも、そのうち1回は加護ウィルスをバウンスしてしまうという大失態でw