SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

久々に動画

ラウンドワンの録画機が撤去されてから、最寄りの録画機がドラマ足利になってました。ただでさえ遠いのに、そこの録画機も画質や音質が悪かったりで、なかなか足利まで行って録画してくるというモチベが出てこなかったのですが、最近になって市内のインターパークプラスワンに録画機が設置されたという話を聞いたので、行ってみたらありました。去年の秋に行ってるのですが、その時にはなかったですね。実際その動画は本日紹介しますが、今までと違って色物動画となっています。

しばらくブログも書いてませんでした。動画を撮らなくなってモチベも上がらなかったし、プレイ頻度自体がかなり落ちてました。動画が復活したので、以前のような方式に戻してもよかったのですが、ちょっとそこまでやる気にはならないので、ブログの方は簡潔にしようと思ってます。動画の編集に時間がかかるというのもありますので、その辺は御容赦ください。

とりあえず、先日動画を撮ってきた日のデッキは分かりますが、その前がイベント戦を挟んでいるので、全国対戦は一ヶ月以上前になってしまい、さすがにその時期のデッキの細部までは覚えてませんので、デッキ画像は前期使っていたデッキの画像となります。まあ、オリボ調整で微調整しているだけなので、大した違いはないとは思いますが。およそ2ヶ月分の全国対戦での戦績となります。

f:id:BUNNY:20190316075527j:plain

まずはヒトミデメテル。何だかんだで勝率の出ているデッキなので(分母が少ないですが)、割りとオススメです。オリボはB。今後も基本メンツはほぼ固定かと。今回のアステロイドガールのところの8ポイント枠は入れ替えてますが、オリボ気にしないなら、そこにライオンハートガール入れたいんですけど、入れなくても勝ててるので、まあいっかなと。

勝 先攻 6-0 ER 連撃ブリギッド(ワンダフルハンド・時矢大)

勝 後攻 3-0 ES 赤単(ソウルエクスキューション・リトルウォンド)

2戦2勝。これは動画をあげました。今回からは、あの2人に実況と解説をお願いしております。

youtu.be

f:id:BUNNY:20190316082230j:plain

続いては青単キリカ。これも思ったより流行りませんでしたが、やってみるとウンコなくらいはウンチなデッキなので強いと思います。これはオリボC。自分はずっと青単ですが、混色ならばオリボは上げやすいはず。今後はそっちも視野に入れたい。

勝 先攻 4-0 HI ヘブドラ(セイクリッドシールド・明天凶殺)

勝 後攻 7-0 ER 海洋テトラ(ルインリード・赤羽大)

負 先攻 0-3 LO 財王青緑(セイクリッドシールド・インサイトストライフ)

勝 先攻 5-0 ER アタランテ獣(スプレッドインフェルノ・時矢大)

3勝1敗。こちらも動画をあげてます。4ターン目の攻撃は、ラダマン出す前にキリカで殴ればよかったです。

youtu.be

f:id:BUNNY:20190316081349j:plain

ヘブンズドラゴン。下の負け試合は、加護ペンテシレイアで摘みました。それもあって、その後から村正を積むようになりました。今後のヘブドラは、流行りのブリギッド型にしようかなと思っております。

勝 先攻 3-0 ER 不死ブラフマー(ルインリード・時矢大)

負 先攻 0-2 ER 赤単(ルインリード・セイクリッドシールド)

勝 先攻 7-0 ES 赤単(ルインリード・ライズアンドシャイン)

勝 後攻 7-0 ER 紫単(スプレッドインフェルノ・威気衝天の籠)

3勝1敗。最近の紫単ってスプレッドインフェルノが流行りなの?。確かに、スプレッドインフェルノ打ってのオベロン、あるいはルシファーでも良さげですが。

f:id:BUNNY:20190316081632j:plain

知り合いのデッキなので公開してませんでしたが、そろそろ時効だろいうとことで公開。進化盛り盛りの海洋デッキです。後半からアイオーンとかツクヨミとか入れだしてオリボはBに下がってますが、それまでオリボはAでした。そっちの方が勝ててたような・・・

負 後攻 0-2 ER ヘブドラ黄緑(セイクリッドシールド・エクリプスセイバー)

勝 先攻 3-0 ES 不死ブラフマー(冥札再臨・リジェネレートデリュージ)

勝 後攻 8-0 ER ヘブドラ黄単(エクリプスセイバー・双子中)

勝 後攻 2-1 ER 紫単(スプレッドインフェルノ・ワンダフルハンド)

負 後攻 0-1 HI 赤単道化師(ノア小・スターライト)

負 後攻 0-1 HI 五右衛門ワンショット(フォースリベレーション・ルインリード)

負 後攻 0-3 ES プロメテ侍(インペイルメント・ギルティアッシュ)

勝 後攻 6-0 ES 武身(ディバインシールド・時矢大)

4勝4敗。このデッキはこれで封印しようと思っているので、ツボにハマると気持ちよくブン回せるデッキなのですが、テトラテュクスとかいう凄いカードが出てしまいましたからね\(^o^)/

というわけで、ここ2ヶ月の成績は12勝6敗でした。全然やれてないなあ。でも、これからは頑張りますよ!

イベント戦「海精の悪戯」振り返り

最終日にギリギリ滑り込み。最近、こんなんばっかですが、ちょっとモチベが上がる一件があって、久しぶりにCOJ頑張ってみようかと思ってます。ちなみに、噂のクロノレガリアも始めましたが、今週稼働開始のWCCFの新作フッティスタが楽しそうなので、多分そっちやると思います。相当昔にやってた時期があったのですが、最近サッカー熱がぶり返してきたところにリニューアルが重なったというのもある。

さて、今回のイベント戦のルールはスタン落ちしたカードも含めて全部のカードが使用可能というもの。この手のルールは、スタン落ちしてSP化されたカードがダブルで使えて、尚且相互でのオーバーライドが可能。さらに水着ユニットも別枠扱いとなるため、見習い魔導師リーナにいたっては9枚登録可能となります。当然ながら、このカードを活かしたデッキというのが強くなるのは当然で、特にメフィストなどで自傷してライフを1にし、一筋の光明の大量ドローも利用して回しまくるメフィスト光明デッキが猛威を奮ってました。

下手したら1ターン裏には勝負が決まってしまい、少なくとも2ターン目でほぼ決着がつくことになりますが、相手としては対抗手段がほぼありません。仮にカーバンくんを立てたところで、小リーナが延々と殴ってくるのでブロックできませんし。個人的には過去のイベント戦の中でも最悪につまらなかったと思います。今後は同名ユニットの登録は不可にして欲しいものです。これは、イベント戦をよりつまらなくしている一因だと思いますから。

一応唯一の対抗手段といえるのが、リベリオンの盾です。相手は自らライフを1に削ってくれる上に、トリガー割りが入っている確率はほぼゼロなので、これを指してCPを2余らせておけば、手の内がバレてなければ、ほぼ負けることはありません。ただ、こっちも序盤にユニットを立てられないというデメリットがあるので、ライフを温存されながら回されて負けるという可能性もなくはないです。

他にカーバンくん+清めの衣とかも考えましたが、複数のカードが必要になるのでマリガン難度が高いですし、成功しても1ターンしか凌げませんから、現実的とは言えません。

f:id:BUNNY:20190311142313j:plain

まずはキリカ。このデッキはデスパレートの性質上、それ以外のインターセプトが入れづらいので、リベリオンは入れてません。キャツに当たらないことを祈るのみ🙏。六花は6枚登録で、他にスタン落ちのファントムも入れました。

勝 先攻 8-0 FL 赤青黄(サイレンスビロウ・明天凶殺)

勝 先攻 8-0 MG ハンデス(ワンダフルハンド・ライズアンドシャイン)

勝 後攻 8-0 FL 不死(冥札再臨・サイレンスビロウ)

勝 後攻 8-0 K9 自殺(シャープリィスライフ・サイレンスビロウ)

4戦4勝で全部8-0の零封。このデッキも、まだまだイケそう。4戦目はメフィストが出てきたのでビビったが、ただの自殺でした。

f:id:BUNNY:20190311143222j:plain

続いてはヒトミデメテル。いつもは伏犠を入れているところにジークフリートを投入。進化の系譜からドローしてのオーラブレードが強い。リベリオンの盾もしっかり3積みしました。

負 後攻 0-1 MG 多色ブリギッド(インペイルメント・ブレイブシールド)

勝 先攻 7-0 ER カーバン育成(ミラージュアウローラ・マッシヴサージ)

勝 先攻 2-0 A10 黄単(インペイルメント・チェックメイトアクト)

勝 後攻 7-0 HP メフィスト光明(冥札再臨・インペイルメント)

4戦3勝。予定通りにメフィスト光明ぶっ殺しました👍👍👍。マジ気持ちいいんですけど。

f:id:BUNNY:20190311144155j:plain

続いてはヘブドラ。これもリベリオン入り。入る余地が全く無かったので、これにはスタン落ちのカードは入れませんでした。せっかくだから毘沙門1枚くらいは入れてもよかったかも。

勝 後攻 3-0 FL カーバン育成(マッシヴサージ・時矢大)

負 先攻 0-5 A8 緑単(飛龍乗雲の拳・ノア大)

負 後攻 0-1 LO メフィスト光明(双子中・ギルティアッシュ)

勝 先攻 7-0 ER メフィスト光明(ディバインシールド・ノア大)

負 後攻 2-3 MG 4色グッドスタッフ(マッシヴサージ・デリートレイド)

負 後攻 0-4 K5 青緑(デリートレイド・サイレンスビロウ)

勝 後攻 7-0 ES メフィスト光明(ギルティアッシュ・インサイトストライフ)

3勝4敗。最初のメフィスト光明は、マリガン失敗でリベリオンを確保できずに負けるという最悪の結果に。これほど悔しいことはない😣。その後は、2回リベリオンで光明狩りできましたけど、それ以外のデッキに全然勝てなかった😣😣😣。マリガンはリベリオンの盾一択なのですが、そのマリガン基準が、このデッキとは相性が悪かったかなと。基本的に早めに選ばれで捨て札を肥やしていく戦略のデッキなので、マリガンが超重要ですからね。こんなに意地になって続けないで、早めに切り上げるべきでした。つか、Kランクの人にも負けちゃったよ。今流行りのあのガチデッキではありましたが。

f:id:BUNNY:20190311145546j:plain

最後に華麗なる赤単。リベリオンの盾を3積みすることもあって、今流行りのブン回し型ではないですが。

勝 後攻 5-0 MG 青緑(威気衝天の籠・ルインリード)

負 先攻 0-4 CH ハンデス(フォースリベレーション・冥札再臨)

勝 後攻 8-0 A2 自殺(軍司小・ライズアンドシャイン)

2勝1敗。最後は期待したけど、普通の自殺でした。2戦目は1裏でいきなりミイラくんがエクストリームサモンで5体湧いてきた・・・😓。なるほどねえ。次にこんなルールがあったら(あってほしくないが)、真似してみよ。

f:id:BUNNY:20190311135558j:plain

というわけで、トータル12勝6敗という成績でした。スターブーストも何個か消費してます。ドヤ顔光明を、リベリオンでドヤ返しするのだけが楽しいイベントでした😁

今更前回のイベント戦を振り返る

下書きしておきながら、あげるのを忘れてました😓

前回のルールは、毎ターン魔法石がドローできるという特別ルール。前々回にあったアンフェアタックス禁止がないので、タックスゲーって感じでした。特に先攻取ったら魔法石でタックス持ってくれば、相手は対策も何もないので糞オブ糞って感じ。自分はタックス入れたデッキでは、先攻取ったら毎回それやってましたが、意外と相手からされたことはなかったです。魔法石はレベル3まで重ねて使うのが基本オサレですね👍

ちなみに、デッキは全て崩してしまったので、大体覚えているとはいえ、またデッキを全部組み換えるのが面倒なので、今回はデッキ画像はなしで。基本、最近使ってるデッキにアンフェアタックスを入れただけとお考えください。

まずはキリカ。これはアンフェアタックスを入れなかったので、ほぼそのままです。

勝 先攻 5-0 FL 赤単(トリックフィンガー・タワーエグゼクト

勝 後攻 6-0 FL 赤単(フォースリベレーション・ミラージュアウローラ)

負 後攻 0-2 HI 赤単(ルインリード・ソウルエクスキューション)

勝 先攻 6-0 MG 赤緑(ライズアンドシャイン・時矢大)

勝 先攻 8-0 ES 自殺(ノア小・フォースリベレーション)

4戦1勝。負けた試合は、盗賊の手で黙らされました・・・

続いてはヒトミデメテル

勝 後攻 6-0 MG 青緑(時矢大・メイラン中)

勝 先攻 4-0 HP キリカ(冥札再臨・ルインリード)

勝 先攻 2-0 HP 海洋(サイレンスビロウ・月花熾滅)

3戦3勝。

続いては海洋。

勝 後攻 5-0 ER カーバン育成(マッシヴサージ・ルインリード)

負 後攻 1-3 HI 大三角形(サイレンスビロウ・冥札再臨)

負 先攻 0-7 ER 赤黄(アナザー×バイザー・ノア大)

負 後攻 0-6 ES アトロポス紫(ソウルエクスキューション・明天凶殺)

勝 先攻 6-2 HI ブリギッドハンデス(赤羽大・シュヴァリエデューク)

2勝3敗。これはダメダメだった。

続いて華麗なる赤単。

勝 先攻 2-0 FL 赤青リリス(ソウルエクスキューション・ライズアンドシャイン)

勝 先攻 7-0 HP 武身(フォースリベレーション・スターライト)

勝 先攻 6-0 ER キリカ(エイミングクラッシュ・セイクリッドシールド)

勝 後攻 8-0 J1 青紫(ルインリード・ワンダフルハンド)

4戦4勝。

最後にアポピスゾンビ。

負 後攻 0-8 MG OC珍獣(タワーエグゼクト・ギルティアッシュ)

勝 後攻 8-0 A3 赤単(ノア小・双子中)

勝 後攻 7-0 A7 紫単(ワンダフルハンド・サイレンスビロウ)

勝 先攻 7-0 HI 武身(スターライト・エイミングクラッシュ)

3勝1敗。タックス入れてなかったし、珍獣相手に何もねえ・・・

f:id:BUNNY:20190114031427j:plain

というわけで、トータル16勝5敗という成績でした。