SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

定員オーバー

今日から時矢のインペリアルパックですが、前回のワンダフルパック同様に、今回もかなりの長期間みたいですね。最近この手のパックでの排出がいいのだが、今回はSR排出率アップではないのがどうでしょうかね?

f:id:BUNNY:20171211082353j:plain

©SEGA

1-4-122 R定員オーバー

無 トリガー 0CP

■定員オーバー
ユニットがフィールドに出た時、フィールドにユニットが9体以上いる場合、対戦相手に1ライフダメージを与える。

本日のキーカードは定員オーバー。最新のカードランキングは759位で、8ポイント定住カード。ユニットが場に出た時に、場にユニットが9体以上いた場合に相手に1ライフダメージを与えることができるトリガーカード。自分のユニットだけでなく、相手ユニットが場に出たときにも反応する。発動条件は拒絶する世界や静寂の湖と同じだが、この手のカードでは唯一相手だけに効果が及ぶカードとなっている。

この手のカードの弱点としては、相手に依存してしまうこと。ジョカケア、ライブケアなどで、4体以上でターンエンドしてこないことも多く、逆に相手ターンでの発動を狙って4体以上並べると、ジョカで流されて不発なんて危険性もある。ただ、ゴールドダルマンのようなOC効果での除去なら、先に発動できるので問題ないし、セレクトショップダークマターよりも先に発動するので、トリガー割りにはそこそこ強いという利点はある。

このカードの活用法としては、珍獣やブラフマーのような並べやすいデッキに入れるのも一つの手だし、ウィルスの押し付けも有効だろう。お互いに1体ずつ特殊召喚できる鏡合わせの祈りも好相性のカードだが、発動タイミング的に同時に発動させることはできなので注意が必要だ。

f:id:BUNNY:20171211084725j:plain

鏡合わせを使うとなると青系となるので、青単のレベコンにしてみました。ハンデスも考えたが、相手の手札がなくなって、相手が並べられなくなるので微妙かなと。ウィルス押し付けユニットは2種入れて、一気に5体並べられるブラフマーも搭載です。動画映えという観点からは、ブラフマーからの定員オーバーってのが理想。

勝 後攻1-0 MG OC珍獣(ルインリード・スターインパクト)

動画ですが、ちょっと音声がおかしくて、若干耳障りかと思いますがご容赦ください。相手は珍獣ということで、比較的発動しやすい相手かなと思っていたのだが、ところがどっこい。ガンガン更地にされて全然チャンスがなかったです。てか、ブラフマーが最後まで1枚も引けないっていう・・・

7ターン目のジョカは集中力がなかったというか。あれで負けたと思ったんですが、何とかなりました。で、9ターン目にようやくビッグチャンスがきたものの、出せるユニットがデスクラーケンしかいなくて、ん?って思ったのだが、幸い相手のユニットが全部レベル1だったので発動できました。残り2点だったので、定員オーバー2枚で削りきって勝利。

というわけで、このデッキは1戦で終了。ちょうどこの試合で星250個たまりました。

エンジェルサークル

今年ももう少しで終わりですね。油断はできないけど、新弾は来年でしょうか?

f:id:BUNNY:20171210122509j:plain

©SEGA

1-4-257 Rエンジェルサークル

インターセプト 1CP

■エンジェルサークル
あなたの【天使】ユニットが破壊された時、あなたのフィールドにユニットが4体以下の場合、あなたの捨札にある進化ユニットカード以外のコスト3以下の【天使】ユニットを1体【特殊召喚】する。

本日のキーカードはエンジェルサークル。最新のカードランキングは1019位で、8ポイント定住カード。その名の通り、天使ユニットに対するサポートカードで、自分の天使ユニットが破壊された時に発動し、コスト3以下の天使ユニットを1体特殊召喚できる。破壊は特に指定はないので、戦闘による破壊でもよい。セレニティナースやイーリス、アイテールなどのシステムユニットが呼び出せれば有用だし、無限ニケの起点にもなり得るカードである。

ただ、このカードを使った無限ニケというのはまず見かけない(このカード自体見かけないのだが・・・)。確かに天使ユニットに限定されているので、デッキにカパエルとか入れても成立するのは魅力だが、コスト4以上の天使ユニットを破壊させる必要がある上に、必要となるカードも多くて、他の無限ニケルートと比べると、かかる手間が多すぎるか。

相性のいいカードとしては、相手ターンで自壊して、消滅されなければ確実に発動できる黒翼のルイスや、同じ天使ユニットが破壊された時に効果を発動するセレニティナースなど。ただし、セレニティナースの場合は破壊効果のみでの発動となる。ジョカで流して1体特殊召喚というのもありか。

f:id:BUNNY:20171210125052j:plain

天使ハンデスです。エンジェルサークルは、とりあえずフープエンジェル以外が召喚されればいいかなという感じのスタンス。デッキを組んでいる時にちょっとした疑問が浮かびました。イズナの効果で破壊耐性が付いた黒翼のルイスって、ちゃんと効果発動するのだろうか?って。これは今回の動画で実際にやってみたので、結果はそちらをご覧あれ。

勝 後攻 0-6 ER 赤黄(チェックメイトアクト・スターライト)

勝 先攻1-0 HP 機械(ターミネートコマンド・フォースリベレーション)

動画は2戦目。序盤はイーリス、セレニティナースと並べていきますが、盤面的に厳しくなってしまったので、3ターン目にジョカで一旦リセット。ここまでに2点を失います。

初手は先攻だったので、フープエンジェルスタートが無難だが、引けなかったのでイーリスで妥協。相手は機械デッキでした。2ターン目にセレニティナース。セレニティナースを出して黒翼のルイスを出せばハンデスできたが、ここは手札を温存した。2点先制されて、さらにメカだっくんで盤面を固められてしまったので、ここはジョカで流す他なし。

4ターン目はイズナ。バトルキッドで相討ち覚悟で殴ったら通ったのでラッキーでした。これで6-6の同点に。5ターン目はデリートレイドでメカだっくんを除去してイズナでアタック。天使の楽園で2ドローもできてウマウマ。イズナと天使の楽園の相性は非常によい。で、フープエンジェルでハンデスしての黒翼のルイス。相手はバトルキッドを出してきましたが、ルイスは普通に効果を発動して消えていきました。よくよく考えてみたら自分の効果だから当たり前でしたw。ちょっと無限アムネシアとか期待してしまってたよ。ともかく、これでエンジェルサークルを発動し、イーリスが特殊召喚された。

6ターン目はイズナに狂戦士が付いて憤死してしまったので、ジョカでリセット。ダークカイザーを出された7ターン目はイズナでまた天使トリガーを発動し再び逆転へ。相手はヴァイスドラッヘを出してきましたが、何故かイズナではなくジョカを除去。これはありがたし。8ターン目にOCネフィリアで1点を追加しましたが、イズナには不滅が付いたので、殴らずにブロックに回す。ヴァイスドラッヘを放置しておくと一気に勝負を決められる危険性もあるので、ツクヨミで黙らせておいた。

問題は9ターン目。この時点で、後はエクスカリバーを出して、次元干渉の天使2体で殴れば勝ちという状況だったのだが、よりにもよってネフィリアに狂戦士が付いてしまうという・・・。さらには、イズナにも防御禁止が付いてしまい、結構守りは手薄になってしまいました。3-1という状況で相手のタケミナカタがレベル2で殴ってきたが、ツクヨミに強制防御が付いていたため受けざるを得ず、エクスカリバーもブロックしなければいけない状況に。これでタケミカヅチでも出てきたら終わりでしたがセーフ。どうにか勝てました。

というわけで、このデッキは1勝1敗でした。

傾国の美女・貂蝉

イベント戦は終わりましたが、今日含めて後3日ほどはイベント戦の記事となります。

f:id:BUNNY:20171211222945j:plain

©SEGA

PR-105 PR傾国の美女・貂蝉

インターセプト 5CP

■傾国の美女・貂蝉
(このインターセプトは5回使用すると捨札にいく)
対戦相手のターン終了時、対戦相手に1ライフダメージを与える。

本日のキーカードは傾国の美女・貂蝉。最新のカードランキングは1045位で、8ポイント定住カード。三国志大戦TCGとのコラボカードの1つで、5回使えるインターセプトシリーズとなる。発動タイミングは相手ターンの終了時で、相手にライフダメージを1つ与えることができる。5回発動できるので、1つのカードで最大5ライフダメージを与えることができるが、必要CPが5とかなり重い。

素でこのカードを使うには、自分のターンでCPを5以上残す必要があるので、自分のターンでできることはほとんどなくなってしまう。そのため、盤面的に不利な状況では中々狙いにくい。となれば、CP補充や、コスト削減などの補助も必要になってきます。CP補充では、玲瓏の鉱脈や聖典の恩恵などが候補になる。コスト削減では、大航海時代かジャック・オー・ランタンの二択になるが、大航海時代では自分のターンが終了すると効果が切れてしまうため、アイリーンやフェイク×メイクでコピーしておく必要があります。こちらの方が下準備が大変だが、ノーコストで相手に7ライフダメージを一気に与えることも不可能ではない。

トリガーコントロールデッキのダメージソースとして使う手もありそうだが、ユニットをほとんど使わないデッキなので、デスティニーコントロールの下位互換でしかない。ユニットがいても発動可能なのは利点ではあるので役立つ場面が無いとも言えないが、使い切らないとトリガーゾーンに居座り続けてしまうというのが大きなマイナスポイント。4つしかないトリガーゾーンを有効に使えなくなってしまうのだ。トリコンを使ってみれば分かるが、4つでも少なく感じるほどなのだ。そういう意味で、トリコンでの居場所もなさそうである。

f:id:BUNNY:20171210114324j:plain

大航海時代とアイリーンを使った貂蝉ワンショットデッキ。ロキやトリガーコネクトなどのトリガー回収カードも入れて大航海時代を使い回し、貂蝉のコストを0にする。できればコスト0になった貂蝉をコピーして2枚にし、一気に7点取れたら気持ちよかろうと。インセプやトリガーのドローもできて、デッキの回転も早くなりそうな大三角形を投入してある。ただ、特に大三角形のインセプドロー効果は、もうちょい積極的に使うべきでした。

勝 後攻 5-6 FL ハンデス(リトルウォンド・ワンダフルハンド)

勝 先攻 3-0 A10 青紫レベコン(月花熾滅・エビルガンビット

初戦のハンデスはマジ無理ゲーでした。動画は2戦目です。22分超えの長丁場だったので、下準備の続いた序盤は早送りしてあります。1ターン目の相手のジャック・オー・ランタン3体出しは面白かったので、そこまでは普通に再生w

とにかく、肝心の貂蝉とアイリーンが全然引けずイライライライラ。5ターン目にようやく貂蝉を引けました。では6ターン目から解説開始です。相手はモリアーティ入りの青紫でした。この時点でスコアは6-6というロースコアな展開。ホントはフェイク×メイクが使えたので、5ターン目から準備開始すればよかったのだが、イライラしすぎてスルーしてしまいました。

6ターン目はドーバーでデッキを回しつつトリガーゾーンに大航海時代をセットしてターンエンド。ただ、アイリーンも引けてたし、モルドレッドでデッキをリセットしてもよかったかもしれない。7ターン目は大航海発動で貂蝉のコストが3に。ロキで大航海を回収してからモルドレッドでデッキをリセットし、ミミを出す。さすがに相手もヤバイと気づいたのか、ここは加護+破壊耐性を選んできましたが、この効果がモルドレッドに乗ってくれたのはオイシかった。当。然ながらアイリーンでコストの落ちた貂蝉をコピーしておく

7ターン目は、ヴィヴィアンからアルタイルとデネブを出して横に展開。相手は力の爪痕とマリアでこちらをヴィヴィアン1体にしたところでデスワーム。そして、今度こその召喚術モロクで返り討ちにできました。8ターン目は、アルタイル、デネブ、そしてモルドレッド。モロクは場に出ているので、モルドレッドしてもすぐに捨札に捨てれます。とりあえず、モロクをフィールドか手札でキープしていない状況でモルドレッドを出すのは厳禁です。

8ターン目は、モルドレッドの強制防御で1点取った後に、アイリーンでコスト2に下がった貂蝉をコピー。そしてCP3を余らせて、コスト3の方の貂蝉をトリガーゾーンにセット。モルドレッドには不滅も付いてまさに無敵状態だったが、9ターン目に防御禁止が付いてしまったので殴るしかなくなる。とりあえず起動効果で強制防御を発動し、1体は削っておく。残り3点で6CP残っているので、ここで2CPの貂蝉を3回打てば勝ち。さすがに相手が一気に6点取れるとは思えず、トリガー割りさえなければイケるかなと。相手には3CPの方の貂蝉は見えていたので、モルドレッドを除去した時点で何とか生き延びたと思ったかもしれませんが、残念、その奥にもう1つ手を残していたのですよ。

というわけで、このデッキは1勝1敗でした。できれば、貂蝉で7点取りたかったけど、いずれまた挑戦してみたいと思う。もちろんイベント戦で。