SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

デッドヒート

今日はゲーセン行こうかなと思ったのですが、まあいいか、ということで今日の記事が今バージョンラストとなります。新バージョンは、稼働日に早速やってくる予定です。

f:id:BUNNY:20180317112924j:plain

©SEGA

PR-120 PRデッドヒート

インターセプト 0CP

■デッドヒート
あなたのユニットが戦闘した時、そのユニットが戦闘中の相手ユニットとBPが同じ場合、対戦相手に1ライフダメージを与える。

本日のキーカードはデッドヒート。最新のカードランキングは1126位で8ポイント定住カード。戦闘時に、自分のユニットと相手のユニットのBPが同じ場合に発動でき、相手に1ライフダメージを与えることができるインターセプトカード。発動条件はやや厳しいが、その分ノーコストで打てるのは利点である。とはいえ、相討ちなんてのは、それほど珍しい事象でもないです。

アタック時限定だが、戦闘時に相手と同じBPになるエビルシスターとは相性がいいし、ライオンハートガールなどでの強制防御や、ケルベロスなどでの狂戦士を利用すれば、相手に相討ちを強制させることができるので、これも好相性といえる。逆に、同じBPでも、戦闘時にアビリティとしてBP変動の効果を持っているユニット(エンジェルビルダーや心眼のナギなど)に対しては発動ができなくなるし、相手のアタック時の戦闘では、相手にインターセプト発動の優先権があるため、先にパンプでBPを上げられた場合も発動できなくなるので注意が必要です。

f:id:BUNNY:20180317114736j:plain

デッドヒートや五輪の真髄といったインターセプトで点を取っていこうという赤緑デッキ。デッドヒートのために、前段で説明したようなコンボユニットは採用しておりません。

負 後攻 0-5 HP 赤単(ミラージュアウローラ・ソウルエクスキューション)

勝 先攻 6-0 ER 赤緑アタランテ(ブレイブシールド・ミラージュアウローラ)

勝 後攻 3-0 HP 黄単(フェイク×メイク・エクリプスセイバー)

動画は3戦目です。

マリガンは、アタランテでもタコリリスでもいける最上級の手札に。相手がレモンガールを出してきたのだが、白伏せを割ろうとリリススタートに。タコを出した時点でラグってたので、デストラクションスピアかな?という感じだったが、相手の手札が1枚しかなかったので、使うなら使ってみろという感覚でリリスを敢行。やはりスピアでした。

ホルスで逆転されるも、ホルスをスピアで落とし、ヘスティアからのラーでレモンガールも焼いて1点を返す。ヘスティアは重ねようかと思ったが、赤ユニットが引けないとラーが出せなくなるのでやめた。相手はアフラ・マズダを単体召喚。ターン終了時の効果で、ファラオとかいう面倒くさいのが召喚されちゃいました。

相手が徐々に優勢になっていき、ジョカが引ければなあという状況に。4ターン目にリリスでアタック。完全にファラオにブロッカー能力があることを忘れてました。しかも、ここで青が1枚伏せられてしまったのが痛い。青はジョカ1枚なので軽減でも落とせないし、すでに装填を使ってしまっているのでリリスで飛ばすしかないのだが、リリスも憤死してしまったという。ジョカが捨札に落ちてくれれば、冥札で使えたんだけどねえ・・・

しかし、更地にされて3-6となった5ターン目に光明が差す。まずはフェンリルでレモンガールを倒し、その後にミノタウロスを走らせたら、相手がファラオでブロック。ミノタウロスのランダム5000ダメージがもう1体のファラオに命中し、これで相手のファラオが一度に死んでくれました。これは相手の方のミスでしたね。これを足がかりに、6ターン目のアタランタ攻勢で一気に盤面をひっくり返すことができた。

そして7ターン目、アタランテ効果でBPが3000に下がったタウロスに対して、同じ3000BPのラーでアタック。目論見通りに相手がブロックしてきたのでデッドヒートで加点。このターンには五輪の真髄も使って、相手を更地にして一気に残り1点まで追い詰めた。ヘレティックスカーもスタンバっているので、返しに3点取られなければ勝ちという状況。相手はエクスカリバーを出してきたが、これだとジョーカーがヘレスカでもインクルでも勝ちという状況で、さすがにサレンダーしてきました。

というわけで、このデッキは2勝1敗でした。