SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

イグニッションバースト

とりあえず新カードですが、現時点でよく見かけるのは、赤のシャドウ・アリス、黄色のリトル・アリス、ブリュンヒルデ、青のマスティマハーピー、シーサーペント、緑のケルベロス、紫の闇に巣食いし絶望、シュネーヴィッツェンってところでしょうか。今回のSRはブリュンヒルデだけ集めれば、他はなくても問題ないというレベル。ニュクスは使える方だけど、ピン刺しで丁度いい感じだし、他のSRはそもそも入るデッキが今のところないですね。赤と紫のSRは未だに相手に使われたことがない。ブリュンヒルデも、黄色に入れれば強いけど、タッチで入れてブイブイ言わせるほどではなかったような。

f:id:BUNNY:20180328100336j:plain

©SEGA

PR-112 PRイグニッションバースト

インターセプト 0CP

■イグニッションバースト
あなたのユニットがアタックした時、あなたは手札を全て捨てる。そうした場合、対戦相手の全てのユニットに[捨てたカードの枚数×1000]ダメージを与える。
対戦相手のユニットがフィールドに出た時、対戦相手の全てのコスト1以下のユニットに3000ダメージを与える。

本日のキーカードはイグニッションバースト。最新のカードランキングは1129位で8ポイント定住カード。効果は2つあり、ユニットのアタック時に発動すると手札を全て捨ててしまうが、捨てた手札の枚数に応じて相手に全体ダメージを飛ばすことができる。1枚に付き1000ダメージが入るため、最大で7000ダメージまで出すことができる。もう1つの効果は相手のユニットが場に出てきた時に発動でき、その場合にはコスト1以下の相手ユニット全てに3000ダメージを与えることができます。

アタック時の全体ダメージは、手札全捨てという大きなリスクに比して、効果自体は微妙である。それで勝負が決められるなら躊躇なく打てますが、試合中盤では、これで敵を一掃できるとしても使いにくいです。使うならジョーカーで手札を回復できる状況で使いたいところ。ただ、手札を毎ターン大量補充できる系のイベント戦などでは重宝されることもある。

第2効果は対珍獣では有効な効果だが、最近は珍獣デッキ自体がそんなには出てきません。サイクロプス、ラー、伏儀など、3000ダメージでは届かない1コスユニットも割といる。煉獄炎のように、進化元潰しで使うにしても、1コスにしか反応しないため、マコやバンシーなどを潰すことができないので、いずれにせよ中途半端な性能になってしまっています。

f:id:BUNNY:20180328102748j:plain

シャドウ・アリスからのイグニションバーストなら、大抵の相手は一掃できるだろうと。イグニションバースト後に多少でも手札を回復できるようにと、地下書庫を採用。シャリスヘスティアコンボは、先日使って非常に気に入ったので、今回もやってみます。後は、最近アタランテのお供としてよく使われているケルベロスHi↑を初使用。前回のイベント戦で手にいれた水着リッパーも初使用です。

勝 後攻 3-0 FL ハンデス(明天凶殺・フォースリベレーション)

間違って「いいえ」を押してしまいマリガンできず・・・。最悪というほどの配牌でもなかったが。イグニションバーストを使ったのは2ターン目。相手の盤面はフープエンジェルとミイラくんでしたが、1000ダメージだけで打ちました。ミイラくんを焼きつつ、こちらは手札をふっ飛ばしているのでハンデスは受けず、フープエンジェルのBPも下がったので2点取れました。

中盤までは我慢の時間帯。シャリスヘスティアコンボのチャンスをずっと伺っていましたが、6ターン目に期訪れ、相手を一掃。しかもヘスティアが2体場に出ているため、毎ターンカードを2枚作成してくれるので、ハンデス対策にもなっているという。1回手札溢れしてしまいましたが、ご愛嬌ということで(*´∀`)。その後は睨み合いが続きましたが、サリエル来たらヤバイとは思いつつ、これといったカードも来なかった。ただ、ミノタウロスで突っつくくらいはしてもよかったかもしれません。

最後は相手の手札にレベル3ジョカがあるのは分かっていたのですが、ジョカケアせずにターンエンド。手札にミノタウロスとリッパーがいたので、ジョカで勝ち越されても、最終ターンなので返しで何とかなりそうだとの判断。ジョカケアしてサリエル出された方がよっぽどマズかったしね。結果的に、相手がジョカの後にラダマンティスで追撃してきたので、返しにリッパーで3連続アタックかまして勝てました。軽減でジョカが出てきた時にはちょっとドキッとしました。2体並べてこられたら、運ゲーになっていたので。

というわけで、このデッキは1戦で終了。