SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

邪龍アポピス

最近、マンスリートーナメントの報酬になっているレイシーとかいう奴をよく見かけるのだが、確かに強そうだね。特にあれでオークションされるのが非常にストレス溜まります。早いとこトーナメント開いて自分も手に入れないとな。

f:id:BUNNY:20180331112132j:plain

©SEGA

2-1-015 SR邪龍アポピス

青 不死/ドラゴン 6CP 6000/7000/8000

■魂沌遊戯
このユニットがフィールドに出た時、あなたの捨札にカードがあり、あなたのフィールドにユニットが2体以上いる場合、あなたのデッキが10枚になるようにカードを捨てる。そうした場合、このユニット以外のあなたのユニットを全て破壊し、捨札から[破壊したユニットの数×1]枚までランダムで手札に加える。
あなたのユニットが破壊された時、対戦相手のユニット1体を選ぶ。それに【沈黙】とデスカウンター[1]を与える。

本日のキーカードは邪龍アポピス。最新のカードランキングは150位で1ポイント。発動条件は、このユニット以外に1体以上のユニットが自陣に出ていることと、捨札にカードがあることが条件。単体では召喚時効果は発動しません。その際にこのユニット以外の自分のユニットを全て破壊してしまいますが、破壊されたユニットの数だけ、捨札回収と相手ユニットに対する沈黙とデスカウンターの付与ができます。さらには、デッキが10枚になるようにカードを捨札に送ることができる。

捨札を大量に増やせるので、ゾンビ系デッキとの相性がよい。味方ユニットを全て破壊しても、ターン終了時には湧いて出てくるので防御面でも問題がなくなる。元々は味方ユニットの破壊での沈黙効果は相手ターン時のみであったが、エラッタによって自分のターンで発動できるようになったため、召喚時効果での破壊でも発動するようになった。更にはデスカウンターまで付与できるようになっていおり、相手は迂闊にアタックしづらくなっています。

ただ、一度消滅してしまった捨札は、デッキをリセットするまで元に戻らないため、黄色相手は結構厳しくなってしまう。破壊時効果が発動しにくいのもキツイ。特に捨札を一発でグチャグチャにされてしまうヘブンズドラゴンは天敵中の天敵。2.3から種族にドラゴンが加わったので、ユニット自体は消滅しないが、それでも厳しいだろう。

f:id:BUNNY:20180331112116j:plain
先日ブログのコメント欄でリクエストのあった、アブソリュート・アークを使ったデッキです。ハンデスで相手の選択肢を奪って、ゾンビで5体並べ、除去できるカード引けなかったら負けという運ゲーを相手に強要するというデッキです。これの何がダメって、欲をかいてツクヨミマスティマの要素を入れてしまったこと。これを入れずにハンデス力を高めた方がよかった。だって、アブソリュート・アークを使えない試合はほぼ負けるからw

ついでに言えば、帰宅後にデッキを練り直したところ、ハンデスのインセプを迷子センターにするという案を思いつきました。ノーコストでユニットの召喚時に発動できるので、手札を維持できるマキガイさんやバンシー、ONI総長などを出しつつハンデスして甘露打てば、CPも手札もそのまま維持できるし(甘露を複数打てばCPを増やすこともできる)、ONI総長なら場に一度に2体ユニットを並べることも可能。同時に鏡合わせも使えば一度に3体以上も可能だし。相手に依存せずともアブソリュート・アークを決める可能性も出ます。だったらツクヨミマスティマを抜いて、ティターニアを入れてインセプドローした方がよさそうですね。ということで、後で改訂版で再挑戦したいと思います。全国ではもうやりたくないので、イベント戦が終わる前に。

負 先攻 0-6 HP 海洋ゾンビ(エクリプスセイバー・冥札再臨)

負 後攻 0-8 ES ドラゴン黄単(エクリプスセイバー・フェイク×メイク)

負 先攻 0-7 ES 青黄海洋(エクリプスセイバー・冥札再臨)

負 後攻 0-6 ES 海洋沈黙(ワンダフルハンド・インペイルメント)

負 後攻 0-8 HP 海洋沈黙(冥札再臨・ルインリード)

以下イベント戦

負 後攻 0-7 HP 赤スピム(ミラージュアウローラ・ルインリード)

負 先攻 0-8 ER 赤緑獣(冥札再臨・ミラージュアウローラ)

勝 後攻 2-0 ES ドラゴン黄単(エクリプスセイバー・フェイク×メイク)

負 先攻 0-7 ES 紫単(ルインリード・カーニバルドミネイト)

負 先攻 0-6 FL 紫単(グラフィティアース・冥札再臨)

負 後攻 0-8 A4 OC珍獣(カーニバルドミネイト・エルヴィ中)

勝 後攻 5-0 A9 緑単(ディバインシールド・蘭翔鳳集の舞)

勝 後攻 2-0 A2 赤青(トリックフィンガー・蘭翔鳳集の舞)

動画は最後の試合です。全国でいきなり5連敗し、これはアカンとイベント戦へと逃げ込んだw

1T(8-8):マリガンは先攻後攻ともにバンシーでいいかなと。アポピスを確実に引いておくためでもあるし、序盤は失点してジョーカーゲージもある程度は溜めておきたいので、無理に盤面を固める必要もない。だからアブソリュートが決まらないと負けるんだけどねw

2T(6-8):相手は連続ラーで2点獲りにきましたが、手札を消費してくれるのはむしろありがたし。

3T(4-8):そろそろ魔手で手札を割りたかったが、フレイミーからのシヴァで一掃されてしまった。ある程度の失点は想定内だが、さすがにこれ以上の失点はマズイので、できれば魔手を使った後で使いたかったONI総長を出してウィルスを入れ替え、鏡合わせで召喚されたマキガイさんを土台にツクヨミを出しておいた。

4T(3-6):アポピスでゾンビを湧かせた。

5T(2-6):フレイミーからのシヴァでゾンビが次々と焼かれていきましたが、手札的には無理してくれていたので大チャンス。魔手で手札を空にできた。ただ、ここはONI総長だしてウィルスを入れ替えるべきでした。この状態だと、ユニットが何か出てきた時点でマキガイさんを除去されてしまうので。

6T(2-0):幸い相手はトリガーインセプ類を2枚引いてしまったようで何もできず。アブソリュート・アークが確定しました。

というわけで、このデッキはトータル3戦10勝でした。このデッキは大失敗です。