読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

宴SR上杉謙信(車懸りの戦陣)

動画 戦国大戦

くるみ姫の戦国四箇条
一. 其のカードの武将に家宝を付けるべし
二. 其のカードの武将の計略を使うべし(無意味に使うべからず)
三. 其のカードの武将で城門攻城、虎口攻め、落城ボイスのいずれかに成功すべし
四. デッキに一枚は女性武将を入れるべし
※舞計略持ちの武将は第三条を不問とする

今日は三国志大戦の感謝の宴がありましたね。いい最終回だった.。自分はバーチャ全盛期に今以上にゲーセンに入り浸ってましたが、当時住んでいた松戸から栃木に引っ越して、ゲーセンが遠くなったこともあって足が遠のいていたのですが(当時は徒歩5分でセガに行けた)、5年前くらいに久々に立ち寄ったゲーセンで三国志大戦3を見て、面白そうだなと思ってDS版を買って練習してからゲーセンでデビューしたものです。実際にカードを動かしながら遊んだら楽しさがDS版の比じゃなくてね。それからちょくちょくやりにいくようになったというわけで、自分をゲーセンに呼び戻した悪魔の筐体でした(笑)。やり始めてから程なくして戦国が稼働したのでやってた期間は短いんですけどね。三国志大戦がなければ戦国はおろかCOJもやってなかっただろうね。それが良かったんだか悪かったんだか・・・

f:id:BUNNY:20150111214858j:plain

©SEGA

宴010 SR上杉謙信

上杉家 騎馬隊 3コスト 武力8 統率10
特技:攻城・制圧・魅力
■車懸りの戦陣(必要士気7)

【陣形】自身の武力が上がる。さらに陣形の前方では後方にいる上杉家の味方の武将コストの合計値が高いほど上杉家の味方の武力が上がり、後方では前方にいる上杉家の味方の武将コストの合計値が高いほど上杉家の味方の兵力が徐々に回復する。

昨日は新バージョンで初陣してきました。使ってきたカードは宴の上杉謙信です。謙信の女体化第2弾で、その大人びた風貌から、BSS謙信ちゃんに対して宴は謙信さんと呼ばれている。もしくは、その特徴的な突撃ボイスからフィレッセとの愛称も。計略の「車懸りの戦陣」は、謙信ちゃんの車懸りの陣に似た大名陣形で、前衛が武力アップ、後衛が兵力回復という効果自体は同じだが、こちらは前衛と後衛のコストによって効果が増減します。後衛のコストに応じて武力が上がり、前衛のコストに応じて回復量が上がる。武力のアップ値は、基本値+5に後衛のコスト分が加算される。後衛が1コストなら+6です。謙信自身は+5で固定。しかし、端数切り捨てなので、1.5コストや2.5コストが入れづらい。また、コスト依存なため、部隊が落ちると陣形のパワーも必然的に落ちてしまいます。このように扱いの難しい陣形なため、度重なる上方修正にも関わらず、使用率は伸び悩み続けています。

f:id:BUNNY:20150111214906j:plain

騎 宴010 SR上杉謙信:8/10 宝 イラストレーター:山中虎鉄
槍 上065 R宇佐美定満:7/7 イラストレーター:タカヤマトシアキ
鉄 上030 R直江景綱:7/9  イラストレーター:JUNNY
槍 上053 UC北条景広:8/4 イラストレーター:木志田コテツ

コスト依存が端数切り捨てで、部隊を落とせない計略ということで、コスト配分は3-2-2-2の4枚型というのが最も無難か。槍2本を前衛に、後衛には遠距離攻撃ができる鉄砲か弓を使いたいが、上杉にはそもそも2コスト以上の弓がいないので、必然的に鉄砲隊になります。車懸りとのフルコンができる采配持ちの直江景綱を採用してみました。車懸りは守りでは使えないので、直江の采配は守りで使うことも想定してあります。宇佐美の荘厳華麗でもいいけど。

初戦は釣り白雲に完敗でした。釣り野伏とぶつかり合っても押し負けてしまう。騎馬が前に出過ぎて周りの武力が素に戻ったりしちゃって、難しすぎんだろ。かなりやばそうな雰囲気はあったんですが、2戦目で何とか条件クリアできました。家宝は珠光文琳(統/速/速・城内補給・大筒/米蔵)。

相手のデッキ  

f:id:BUNNY:20150111214912j:plain

弓 長042 SR長宗我部元親:7/6 宝 イラストレーター:夢路キリコ
騎 長016 R長宗我部信親:7/6 イラストレーター:萩谷薫
槍 長024 R福留親政:6/3 イラストレーター:平坂康也
槍 長034 UC香宗我部親秀:5/6 イラストレーター:百鬼丸

相手は新しい元親。初めて見たのでどんな計略なのか知りませんでしたが、設置陣形だったんですね。開幕は伏兵を福留に当てることができ、更に騎馬壁槍撃で信親から迎撃を取って一気に押しこむ。このビッグチャンスにフィレッセの城門攻城が決まり、開幕で相手の城を4割削れました。このチャンスは活かしたい。この後相手が元親の設置陣形を設置。こっちも足並みが揃ったところで車懸りを打ちますが、宇佐美のカードを復活直前に戦場に出してしまうミスもありましたが、ワンパン入れてリードを広げる。相手が孤立無援からカウンターを仕掛けますが、再起を叩いて追い返します。ラインを上げて、ダブルおにぎりから万全の状態で車懸りを打ちますが、相手の応変+孤立と武力が五分だったので、直江の采配を重ねて武力勝負に。攻城こそ入らなかったが、何とか相手部隊を殲滅できました。相手は再起から最後の攻勢に出てきますが、最後は荘厳華麗で守って逃げ切りです。

最後はものすごい久々に当たった三矢デッキに快勝しましたが、完全な大筒戦だったので条件クリアはならず。このデッキは2勝1敗という結果でした。最初の試合では危険な香りもしたんだけど、稀有に終わってよかった。これで正五位Dに昇格です。次の戦国は大戦国になる予定。