読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

エリートシーフ

COJ 動画

今日は指定カード3枚のデッキをやりにゲーセンへ行きましたが、ラウンドワンではないので動画は撮ってません。今後はそっちの企画は動画なしで、今日の記事のようなメインの企画はできるだけ動画ありでやっていこうと思ってます。

f:id:BUNNY:20151101131412j:plain

©SEGA

No.PR-076 PRエリートシーフ

緑 盗賊 4CP 5000/6000/7000

■熟練の手さばき
このユニットがフィールドに出た時、対戦相手は手札を1枚ランダムで捨て、あなたはカードを1枚引く。 

本日のキーカードはエリートシーフ。最新のカードランキングは54位。それまではマイナーな種族であった盗賊だったが、このカードが出たことにより、今や最もヘイトを集めて猛威を奮っている盗賊ハンデスというアーキタイプが確立。いわば諸悪の根源といえるカードである。4CPで5000BPとスペックは悪いが、1枚ハンデス1枚ドローという盗賊のアジトを内蔵。アジトと違ってCIP能力なのが強い。ヒュプノスやニンリルと合わせれば、ハンドアドバンテージを一気に稼ぐことができます。かつては場に出た後はBPの低さからあまり仕事ができなかったが、今はセイクリッドフィールド上方のおかげで攻守にも活躍の場が与えられている。

f:id:BUNNY:20151101131417j:plain

こちらもヒュプノスと怪盗ZEROの弱体化で厳しくなりそうな盗賊ハンデスを今のうちにやっておこうと。盗賊の場合はヒュプノスを入れない構築もあるし、ディナーハンデスほどの痛手はないかなとも思うが、パワーダウンするのは確実でしょうからね。今回はショータイムモロク型の盗賊ハンデスです。基本1コスがあまり入らないデッキなので、ショータイムモロクを入れるにはもってこいですね。では結果です・・・

後 ◯ 三日天下侍

序盤は防戦一方のきつい展開。3ターン目に沖田に不可侵ではなく武器破壊の方を割られたのは痛かったが、返しにビシュヌ重ねたらヒュプノス引けて軽減大リーナ出せたのは大きかった。ナギを潰せたので相手の攻撃を遅延できました。続くヴィシュヌからのセイクリッドフィールドで盤面を固める。5ターン目の相手のムーブが若干謎ですが、5000BP以下が5体並ぶという美味しい状況で、そりゃシヴァ持ってきますよと。ただ、あそこはヒュプノスを犠牲にするよりも、場に出して即撤退してもいいからモロク出せばよかったかもな。ライフ的に使うチャンスあるかなと思って温存したけど。ともあれ、これで一気に攻守逆転。その後は1枚目のショータイムを沖田に割られてしまうが、すぐに引き直して相手のイフリートで発動しモロク召喚に成功。最後は相手の虎の子の毘沙門をシーフで割り、ダメ押しの大竜巻で相手の心を折って相手サレンダーでした。ヒドス・・・

というわけで、このデッキも1戦のみで終了です。基本こちらの企画の方は、動画撮ったらオシマイって感じでやっていこうかと思います。そんなわけで、この日はトータル3勝2敗でフィニッシュ。