SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

ライジングドラゴン

最近更新が滞ってますが、先週の土曜日に録画が全部失敗しまして、家のPCでも録画に使用しているポータブルHDDが認識しづらいという症状が出ていました。色々と試した結果、ケーブルに問題がありそうだということで、新しくケーブルを新調すると同時に、HDDの容量も少なくなっていたということもあって、いい機会だということでHDD自体も新しく購入しました。HDD自体の故障という可能性もあったしね。ケーブルを交換したらちゃんと家のPCでは認識できるようになったので、とりあえずは一安心というところ。

f:id:BUNNY:20170607104046j:plain

©SEGA

1-3-206 Rライジングドラゴン

赤 竜 2CP 4000/5000/6000

■竜族の誇り
このユニット以外のあなたの【竜】か【亜竜】ユニットがフィールドに出るたび、このユニットの基本BPを+2000する。
■竜族の真価
このユニットがフィールドでレベル3にクロックアップした時、あなたのフィールドに【竜】か【亜竜】ユニットが4体以上いる場合、対戦相手の全てのユニットに8000ダメージを与える。

本日のキーカードはライジングドラゴン。最新のカードランキングは567位で、基本4ポイント安定カード。たまに8ポイントに落ちることもある。2CPで4000BPと心もとないスペックだが(エラッタ前は3000BPであった)、竜もしくは亜竜ユニットが場に出るたびに、このユニットの基本BPは+2000されていくので、このユニットの後に竜系ユニットを2体でも出せば、超一流のスペックへと変貌する。また、フィールド上でオーバークロックすると、竜系ユニットが自身を含めて4体以上いれば、相手全体に8000ダメージというカオスなみの火力を得ることもできる。

ドラゴンデッキにおける中核に成り得るユニットではあるが、青の破壊(特に紫電龍などのBP参照系)には当然弱いし、コスト2ということで、インドラやエクスカリバーで簡単に消滅するし、成長したところをイシスやアポロンなどにパクられれば目も当てられなくなる。シャープリィスライフやスプレンドシックルといったクロックアップ系のジョーカーが追加されて、レベル3効果が発動しやすくなったのは追い風だが、環境自体がかなりの逆風なので、まず見かけることはないユニットである。

f:id:BUNNY:20170628102731j:plain

ブリギッド入りのドラゴンデッキです。かなり前にイベント戦でやったのとほぼ同じ形です。DOBはA。

負 先攻 ES 大航海オークション

負 後攻 A1 赤黄

勝 先攻 A5 シズクブラフマー

動画の録画に失敗したため、スコアや相手のジョーカーなどは不明。ちなみに、いつも相手の名前、クラス、先攻後攻、デッキはメモ帳にチェックしているので、それは分かります。初戦はいきなりランカーさん(先日の電アケに出てた人)とマッチングしてしまい、噂の大航海オークションにボコられました・・・。あれ、トリガー割りできないとどうしようもないな・・・。2戦目は流行りの赤黄に分からされた。3戦目で何とか勝てましたけど、前述の通りに録画失敗で、試合内容もよくは覚えてません。

ということで、かなり前(おそらくはバージョン2.0EX3の時)ではありますが、イベント戦で使った時の動画をあげておきます。もう1回やるという選択肢はないw。アトゥムは当然まだ追加されていなかったので入ってなくて、ミューズではなくジズが入ってます。

この日は他にも色々とデッキを使ってましたが、当然全てボツということで、試合結果だけを羅列しておきましょう。

2つ目のデッキは防御禁止デッキです。アレスだのクラウンクイーンだのヴァルゴだのの、防御禁止系のカードを盛々してます。

負 先攻 A4 レベコン

負 先攻 A1 赤黄

負 先攻 FL ブリギッド緑

負 先攻 FL 赤黄

負 後攻 A2 黄単

5連敗・・・。全然お話にならなかったw

3つ目のデッキはヌト戦士です。ブリギッド入りのタイプ。

勝 先攻 A2 赤青侍

負 後攻 A5 忍者

勝 後攻 FL 赤黄悪魔

こちらは2勝1敗とまずまず。3試合目はヌトを使って気持ちよく逆転勝ちできたので、録画失敗したのが痛すぎる・・・

最後は流行りの赤黄です。

勝 後攻 A1 山珍

勝 先攻 A5 赤青侍

勝 先攻 A1 ブリギッドハンデス

負 先攻 FL 赤黄悪魔

勝 後攻 A3 巨人

負 先攻 A4 ブリギッドハンデス

勝 先攻 K4 トリガーロスト

勝 先攻 A7 レベコン

勝 後攻 FL 黄単

勝 後攻 FL ヌト戦士

8勝2敗でした。エクソシストとホルスが反則級に強すぎる・・・

というわけで、序盤にかなり負けが混みましたが、赤黄のおかげで11勝10敗と勝ち越しで終われました。

広告を非表示にする