SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

キュベレー

本日のワンダフルパックはアモンが出ました。勿論サブカ使って1日4回引いてますけどね。最初の3日は出なかったけど、ここのところ3日連続でSRゲットです。

f:id:BUNNY:20171010191924j:plain

©SEGA

1-4-031 VRキュベレー

緑 神 3CP 6000/7000/8000

■フォース<ウィルス・攻>
このユニットがフィールドに出た時、対戦相手のフィールドにいる【ウィルス】ユニットを除外する。その後、対戦相手のフィールドにユニットが4体以下の場合、対戦相手のフィールドに<ウィルス・攻>を1体【特殊召喚】する。
■大いなる母の恵み
あなたのターン開始時、あなたのユニットを1体選ぶ。それに【貫通】を与える。

本日のキーカードは白浜のキュベレー。最新のカードランキングは96位で、ここのところはずっとトップ100をキープしている。とはいえ、自分は最近はほとんど対面で見かけることはありません。対戦相手にウィルスユニットを押し付けるユニットで、ウィルス・攻を特殊召喚できる。このウィルスはアタックしてきた相手ユニットの基本BPを+1000する。つまり、相手に押し付ければ、こちらのユニットはアタックする度に基本BPが上がっていくことになります。

もう1つ、ターン開始時に味方ユニット1体に貫通を付与できるアビリティを持っている。貫通付与は、ウィルスによる基本BPアップとの親和性も高いです。元々は5000BPとやや物足りないスペックであったが、エラッタによって6000BPに強化された。それを機に使われるようになり、特に緑アグロデッキでよく使われていた。基本BPアップが、自身も基本BPアップ効果を持つアイテールなどと相性が良く、ガンガン上から殴って速攻するデッキスタイルに、貫通付与が非常に噛み合ってました。

f:id:BUNNY:20171010194559j:plain

当時の緑アグロのテンプレはこんな感じでしたが、地下書庫のところは女神の息吹でした。アサルトエンジェルの弱体化も痛かったが、女神の息吹の弱体化が緑アグロ失速の最大の要因でしょう。

負 後攻 0-5 A6 レベコン(パニッシュメントブレイク・インサイトストライフ)

負 後攻 0-1 A8 昆虫(タワーエグゼクト・デリートレイド)

勝 後攻 4-0 A8 緑アグロ(ターミネートコマンド・パニッシュメントブレイク)

負 先攻 0-5 A5 ヒトミデメテル(ターミネートコマンド・インペリアルクルセイド)

負 後攻 0-5 FL 緑アグロ(ターミネートコマンド・フォースリベレーション)

勝 先攻 6-0 A9 アマテラ黄単(パニッシュメントブレイク・タワーエグゼクト

動画は2戦目の昆虫戦。負け試合です。

相手は昆虫。こちらは後攻初手に軽減でアサルトエンジェル。当時は軽減しなくても出せたのにな・・・。相手はパピヨンガールを出してきたので、これはアイテール焼かれるなと思ったがセーフ。ということで、ライオンハートガールを使ってパピヨンガールにはご退場願いました。相手の緑伏せが嫌だったので、ダークマターで割っておく。

3ターン目はキュベレーを出してのゴリ押し。4ターン目は地下書庫を引いたので、手札を全部使って発動。そうそう、昔こういう動きしてたわ。これが当時の性能の女神の息吹だったら、次のターンも好きなように動けるんだよねえ・・・。ベルゼブブの昆虫斬っての5000ダメージが結構痛くて、中々盤面は維持できないものの、途中までの流れは悪くはなかった。

問題は5ターン目です。手札のユニットがレベル2ランスロットだけになってしまい、ここはランスロットの効果でドローしたいという衝動にかられて、ミューズの上からエボルブしたらデススピを食らってしまった。これはさすがに迂闊すぎると言わざるをえない。ミューズをブレイブシールドで2回アタックさせれば残り1点になって、次のランスロットで勝負を決められた可能性は高いですから。

一気に4点取られて追い込まれ、それでも最後のターンにチャンスが来ました。ライオンハートガールを土台にランスロットをエボルブさせてアタック。しかし、相手の緑伏せが武器破壊だったためにBPが足りなくってしまいました。あれが不可侵とかならアーミーアントを超えられたんですけどね・・・

というわけで、このデッキは2勝4敗でした。