SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

烈・獅子王

ワンダフルパックが販売開始されましたが、今回のワンダフルパックは2.1以降のカードしか排出されないようですね。で、SR確率アップでフォイル1枚確定と。ここのところ忙しくてゲーセンに行く頻度がガタ落ちしているので、今回は1日引ければいいかなと思っていたら、期間が11月1日までと超ロング。これはありがたし!

f:id:BUNNY:20170923143033j:plain

©SEGA

PR-083 PR烈・獅子王

赤 獣 7CP 7000/8000/9000

【スピードムーブ】
■炎王獣の大咆哮
このユニットがアタックした時、あなたのフィールドのユニットが1体以下の場合、対戦相手の全てのユニットに5000ダメージを与える。

本日のキーカードは烈・獅子王。最新のカードランキングは770位で、8ポイント定住カード。7CPという大型ユニットで、キーワード能力としてスピードムーブを持っている。自陣にユニットが1体以下という条件で、アタック時に相手全体に5000ダメージを与えることができるが、CPの重さと発動条件の厳しさからすると、コストパフォーマンスは悪い。同じ7CPのスピードムーブ持ちであるダークカイザーは、たまに見かけるのだが・・・

このユニットが出せる中盤以降に、全体5000ダメージで相手を一掃できる盤面というのはそうはないのだが、コストの重さが足を引っ張って、有効な追撃が中々できないというのが厳しい。CP補充を考えないのなら、軽減で出しても1CPしか余らないので、レイニーフレイムなどのインターセプト類を使っての追加ダメージや、ブレイブシールドでの連続アタックが候補となるが、相手のBPラインによっては、ジャック・ザ・リッパーやファイアウォーリアなどもいいだろう。

そもそも、ガイアを使えばいいからね。

f:id:BUNNY:20170926170750j:plain

とりあえず、赤黄にピンで入れてみた。

勝 後攻 2-0 FL 海洋オシリス(フォースリベレーション・冥札再臨)※

勝 後攻 3-0 FL 海洋オシリス(リトルウォンド・インペリアルクルセイド)

※はイベント戦。動画は2戦目の全国対戦です。なお、21分を超える長い試合でしたので、獅子王を出したターンの後は最終盤までカットしております。

相手は初手ガラテイア。こちらはラーで1点先制しておく。相手のレベル2ガラテイアが殴ってきたのだが、自分はドーリスと同じ効果(アタック成功時にインセプドロー)だと勘違いしてブロックしにいったのですが、こいつは戦闘勝利時にもインセプドローできんのな。しかもランダムではなく選んで。マジでか・・・。インセプを2枚も引かれてしまいました・・・。相手はその後にエトとヤヨイを出してきたが、オーバークロックしたのはエトで助かりました。

こちらはヤヨイを生き残らせると厄介だと思ったので、ラーでヤヨイを焼いておく。相手はツクヨミ高原から、ガラテイアでエクストリームサモンしてきました。それならばとシヴァで焼く。相手がサリエルで同点にしてきたので、エクソシストで除去。しかし、ここで一番落ちてほしくなかったレベル2ホルスが落ちてしまいました。トリガー刺さない方がよかったか~。仕方がないので、改めて引いたホルスで1点取っておく。

相手がセツカだけ出してターンエンド。トリガーゾーンに何も伏せてないし、これは獅子王チャーンス!。とりあえずホルスで殴ると相手がスルー。ということで、ホルスを撤退させての獅子王ズドン!しかし、オシリスからのロキ召喚で殺されてしまいました。この後は動画はカットしてますが、試合の流れが完全に向こうに傾いて、押されまくってました。

動画は9ターン目から最下位。ここは勝負を決めるチャンスでした。エクソシストでリーナを消滅させて、2分の1の確率で手札のホルスが残れば勝ちという状況。しかしながらホルスがまたしても落ちてしまうという・・・。ルインリードで、ユニット2体出せたのは不幸中の幸いでした。

で、最後の相手のターンですが、これは相手のミスに助けられました。恐らくはこちらのユニットを2体にして確実にサリエルしたかったのだろうけど、手札が足りずに、トリガーゾーンに1枚しか刺せなかったという。ヴォジャノーイを軽減で出さなければ、間に合ってましたね。まあ、こっちもアレキサンダーのアタックは通した方がよかったですけど、残り1点にしてしまうのはさすがに怖くてね。

というわけで、このデッキはイベント戦も含めて2戦2勝でした。獅子王使えたので満足です。