SSSGアーケード日記

セガ大好きゲーマーのアーケードゲーム奮闘記

残響のアレグリア

このブログの企画意図である、全てのR・SR・PRカードを使ってデッキを組んで実際に戦うというシリーズですが、先日の時の門番でバージョン1のカードは全て完遂しました。

f:id:BUNNY:20180513144102j:plain

©SEGA

PR-134 PR残響のアレグリア

黄 道化師 1CP 3000/4000/5000

■覚醒のエコー
あなたのターン終了時、対戦相手のフィールドに行動済ユニットが2体以上いる場合、あなたのユニットを2体まで選ぶ。それの行動権を回復する。

本日のキーカードは残響のアレグリア。最新のカードランキングは1064位で8ポイントルーパー。基本的にコスト1という時点で使い道のあるカードではあるので、8ポイントになると使われます。よって今季は使い時です。相手のフィールドに行動権を消費したユニットが2体以上いるという条件で能力の発動するシリーズの1つで、自ターン終了時にこちらのユニットの行動権を回復することができます。サラスヴァティーの上位互換な能力ではあるが、発動条件はやや厳し目。

相手の行動権を奪うことに長けた黄色ではあるので、その手のカードを多く詰めば発動条件をクリアすること自体は、そうは難しいことではない。ただ、現在の黄色は消滅が中心で、ライトニングドラゴンくらいしか、その手のカードは使われていませんので、このカードを有効利用するなら、古い形のデッキにならざるを得ないか。例えば、ゴールドクラウンなどで一斉攻撃した後に、このユニットでブロッカーを2体起こすみたいな動きが理想的でしょう。

f:id:BUNNY:20180513145306j:plain

黄紫で行動権をコントロールするデッキです。行動権を奪ってネオ・サンダーボルトで相手を一掃するのが理想だが、それが無理な時はアレグリアで守りを固める。このデッキはSRが1枚も入ってないので、カード資産がなくても組みやすいですが、デッキの扱いからするとちょっと初心者向きとは言えないかもしれません。自分も全国ではやる気にならなかったので、イベント戦で試しました。DOBが97ポイントなので、全国でやるなら、ちょっと修正して100ポイントにした方がいいでしょう。本末転倒なことを言えば、アレグリアを抜いて70ポイントまで下げた方がいいかもしれませんが😏

勝 後攻 4-0 FL 赤青悪魔(スプレッドインフェルノ・パニッシュメントブレイク)

勝 先攻 1-0 A5 黄単(エクリプスセイバー・エルヴィ中)

動画は1戦目です。アレグリアの効果は使ってませんが、このユニットの最大の仕事である進化元という役目は果たしたので、これでいいでしょう(白目)

1T(8-8):先攻後攻共に、ネフティスがファーストチョイス。

2T(8-6):まさかのアンドラスで、キーカードのサンダーボルトを落とされる。手札的に微妙だったので、カパエルで何か突破口となるユニットが引けないかと思っていたら、アレグリアを引いたのでオーバーライド。これで魔弾が引けたので、アンドラスをコピーしつつハーピーで先制点。

3T(5-5):相手はアンドラスの破壊効果でこっちのアンドラスを潰しての一斉アタック。返しは、冥札でサンダーボルト回収もあったが、普通にライドラで呪縛した。

4T(5-3):ここは相手が行動権あるの1体だったので、冥札からのサンダーボルト回収でヴィヴィアンから発動して一掃のつもりだったが、ドローで引けたのでジョーカーも温存できました。

5T(4-3):ここはミスりました。いろいろやっていたのですが、最後にジョーカーをチェックしたら、スプレッド・インフェルノに気付いて、最初からこれを打っておけばよかったことを理解。イベント戦だったので、ジョーカー育成目的で入れていただけだったため、全然頭になかったです。今まで何だったんだ?となりつつも、結局ジョーカーで処理することにしました。

6T(4-0):最後はハーピー2体出しで勝負あり。アレグリアはその土台として、立派な仕事をしてくれました😘

というわけで、このデッキは2戦2勝でした。やれなくもなさそう。